専門医を受診する時に、家族が注意すること

今回は、専門医の診断を受ける上で、
家族など周囲の方が気をつけるべきことをお伝えします。

うつ病にかかっている人は、日常生活で
いつもと違う兆候が現れます。

うつ病患者への接し方(2)で挙げたような
兆候が見られたら、仕事や学校などを休ませ、
専門医の診断を受けた方が良いでしょう。

私もそうでしたが、
精神科へは行きづらいと感じているようでしたら、
心療内科やメンタルクリニックなどでも構いません。

どうしても行きたがらないようであれば、
精神科や心療内科などのある総合病院の
内科を勧めてみてください。

Sponsored Link

いわゆるメンタル系の病院へ行くのを
嫌がる患者さんは本当に多いです。

特に年配の方に、その傾向が強いように感じます。

テレビなどで流れていた、まるで監獄のような
精神病院のイメージが強く印象づけられているのでしょうか。

また「自分は疲れがたまっているだけで、病気ではない」
と、自分をうつ病だと認めようとしない患者さんも
多くいらっしゃいます。

「うつ病は心の弱い人がなる病気」という
誤った考えを持っている方が多いためです。

うつ病で長期の休養を余儀なくされた、
タレントの丸岡いずみさんも同じように、自分を
うつ病だとは認められなかったと話しています。

(関連記事)
>>丸岡いずみ うつ闘病記(1)~震災がきっかけでうつを発症
>>丸岡いずみ うつ闘病記(2)~極度の被害妄想に悩む入院生活
>>丸岡いずみ うつ闘病記(3)~うつ病になった本当の原因とは

しかし、うつ病は別に引け目を感じたり、
恥ずかしがったりするような病気ではありません。

ただ単に、脳内ホルモンがストレスなどの影響によって、
正常なバランスを保てないだけなのです。

つまり、れっきとした“脳の病気”です。

脳内ホルモンのバランスが崩れているだけで、
誰に起こっても不思議のない病気なのです。

個人的に現在は抗うつ薬には否定的なのですが、
自殺などを考えてしまうような症状が重い時には
一時的に気分を持ち上げるために薬を飲むのは
やむを得ないと考えています。

ただ、長期間飲み続けることで薬に対する耐性ができて
しまいますし、薬を飲むことで人間本来に備わっている
自然治癒力を阻害し、再発しやすくなると考えられます。

(関連記事)
>>うつ病の再発の原因は?
>>抗うつ剤は効かないのか?

また抗うつ薬を大量に出す医師もいるようですが、
「複数種類の抗うつ薬を投与して改善した」という
治験データはないそうです。

(参考)>>うつ病の薬は飲みたくない!~10年以上治らないあなたへ

なるべく薬は少量に抑え、薬を使わない治療法も
併用しておくことをお勧めいたします。

(参考)>>うつ病 薬を使わない治療法~「体から治す」という考え方

少し話がそれましたが、周りで支えている家族は、
「うつ病はれっきとした脳の病気で、
根性や気の持ちようで治るものではないんだよ」

と教えてあげることが大切です。

患者さんにそのことを理解してもらうためにも、
第三者である専門医を受診された方が良いと考えます。

可能であればその時に、一緒に病院へついて行ってあげるのが
最も良い対応と言えるでしょう。

患者と一緒に病院へ行くことで、医師は家族に対する心構えや
絶対にしてはいけないことなどを説明してくれるでしょう。

また、うつ病の人は適切に、自分の症状を
伝えることができないかもしれません。

家族の方が、うつ病の人の普段の様子などを医師に伝えることで、
治療の手助けになる
ことも少なくありません。

専門的なことは医師にまかせ、あなたは
家族にしかできない対応をして、医師とは別の
角度から患者さんの回復に協力してあげてください。

●家族にしかできない対応について詳しくはこちら
>>うつ病の家族への対応マニュアル【特典&レビュー】

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ