男性更年期障害の治療方法

女性のほとんどが50歳前後で経験する「更年期障害」。 男性にも一部ですが、更年期障害が起きることがわかってきました。 男性更年期障害は、男性ホルモン(主にテストステロン)の分泌が低下することによって起きますが、治療によっ… 続きを読む

うつ病と誤診されやすい双極性障害~ある40代女性のケース

うつ病と誤診されやすい病気に「双極性障害(躁うつ病)」があります。 実際は双極性障害であるにも関わらず、何年間もうつ病として治療を続けたために、症状がなかなか改善されず、数年単位で長期間苦しみ続けるというケースが多いそう… 続きを読む

老人性うつ病と認知症の違い~冷蔵庫と財布でわかる見分け方

以前見たテレビ東京の「解決スイッチ」という番組で、老人性うつ病と認知症の違いを見分けるとてもわかりやすい方法を紹介していたので、情報をシェアしておきます。 老人性うつ病とは、65歳以上の高齢者が患ううつ病のことです。およ… 続きを読む

更年期うつは「ホルモン補充療法」では治らない?

以前、妻の母親が「更年期障害」で 会社を一ヶ月ほど休んだそうです。 うつっぽい症状も出ていたようですが、 病院へは行かず、家で安静にしていたそうです。 義母が勤めていた会社は、家族経営のため、 数人の小さな会社でした。 … 続きを読む

うつ病と不安神経症の違いとは

うつ病と間違えやすい心の病気の代表として 「不安神経症」が挙げられます。 うつ病と根本的に異なっているのは、 患者が病的なほどに「強い不安」を感じている点です。 私も受験期に強い不安が 頭から離れなかった経験があります。… 続きを読む

老人性認知症とうつ病

老人性認知症もうつ病と見分けがつけづらい病気です。 脳細胞が老化などによって死滅してしまうと、 皮膚や消化器の粘膜などとは異なり、 新しい細胞が生まれ変わって出てくることはありません。 老化や脳血管障害、アルツハイマー病… 続きを読む

うつ病と更年期障害の違い

うつ病と症状が似ている病気に更年期障害があります。 更年期障害は、卵巣ホルモンの分泌が減少するために、 のぼせ、ほてり、発汗、月経異常、動悸、不眠、頭痛 などの多様な症状が現れます。 憂うつ感や気分の落ち込みなどの精神的… 続きを読む

 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

 

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

簡単なエクササイズで楽しく自信がついてくる

プチ認知療法DVD

プチ認知療法

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ