うつ病のせいで継続できない人向けの教材は?

うつ病の教材を選ぶ上で、その治療法が
続けやすいかどうかは意外と重要です。

症状から考えて、その教材がピッタリだとしても、
結局続かなければ、効果が現れることはありません。

意志が強くて継続するのが得意!
という人なら良いのですが、
なかなかそんな人は少ないですよね…。

というわけで、今回は続けやすさをテーマに、
うつ病克服系の教材4つを詳しく分析して行こうと思います。

継続しやすいうつ病教材の特徴とは?

続けやすい教材とはどんなものでしょうか。
私の考える「続けやすい教材の特徴」は、以下の3つです。

Sponsored Link

・楽しく実践できる
・続けやすい工夫がされている
・日常生活に取り入れやすい

以上を踏まえた上で、私が独断と偏見で
「継続しやすい教材ランキング」を作ってみました。

それでは早速4位から見ていきましょう。

継続しやすいうつ病教材ランキング

4位 自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座自己メンタルセラピー講座は、
自分の問題点と意識的に向き合う必要がありますので、
以下に挙げる3つと比較すると、少々難易度は高く、
その分、続けやすさでは見劣りしてしまいます。

私もそうでしたが、うつ病になってしまうような方は、
物事をマイナスに捉えがちになるため、
様々な問題に直面することが多くなると思います。

問題と向き合うことを習慣づけられさえすれば、
継続するのは難しくありませんが、
実際にそこが一番難しかったりするのです。

しかし、そこを乗り越えれば、
徐々に考え方が変わってきますので
辛さも少なくなってくるでしょう。

2~3ヶ月経過するころには、だいぶ楽な考え方が
できるようになっていると思います。

>>自己メンタルセラピー講座【特典&レビュー】

3位 2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間うつ病改善プログラムDVDを見ながら、30分程度実践するだけなので
続けやすい工夫はされています。

しかし、楽しさを兼ね備えているプチ認知療法や、
日常生活そのものになっている荒木式に比べると、
続けやすさという意味ではやや見劣りしてしまします。

続けやすくするコツとしては、
DVDは常にパソコンやレコーダー等に
入れっぱなしにしておいて、とにかく
再生ボタンを押す習慣をつけてしまうことです。

再生ボタンを押しさえすれば、
見ながら真似をするだけなので、
比較的続けるのは容易になるでしょう。

もう一点、続けやすくするコツとしては、
DVDを見る時間を決めてしまうということです。

朝起きてすぐでも、夜寝る前でもお風呂上がりでも、
時間はあなたの都合に合わせて結構ですが、
毎日決まった時間に実践することが、長続きするコツです。

毎日決まった時間に実践していると、
そのうちに、やらないと何となく
気持ちが落ち着かなくなってきます。

歯磨きなどと同じ理屈ですね。

また、2ヶ月間うつ病改善プログラムの場合は、
遅くとも2ヶ月以内に効果が現れる人が多いので、
短期集中タイプの人に向いています。
(2ヶ月経過しても効果がなければ全額返金してもらえます)

効果を感じられれば、続けることも
楽しくなってきますので、どちらに転んでも
損をすることはありません。

>>2ヶ月間うつ病改善プログラム【特典&レビュー】

2位 荒木式うつ病改善プログラム

荒木式うつ病改善プログラム 荒木式うつ病改善プログラムの継続しやすい点は、
毎日の食事が治療に直結するというところです。

続けやすい教材の特徴の1つに
「日常生活に取り入れやすい」と書きましたが、
食事療法の場合は、日常生活そのものです。

わざわざ何か新しいことをやるのは、
人間にとって非常に億劫なものです。

もちろん、うつ病を治したいという目的や、
辛さから逃れたいという気持ちがありますので、
新しいことを続ける動機付けにはなるでしょう。

しかし、そのハードルは極力低い方が、
継続できる確率も上がり、それに伴って、
うつ病が治る確率も上がります。

毎日、いやが応でも行っている「食事」を
治療法として組み込んだ荒木式うつ病改善プログラムは
継続できない人にとっては、強力な味方と言えるでしょう。

>>荒木式うつ病改善プログラム【特典&レビュー】

1位 プチ認知療法

プチ認知療法 プチ認知療法は、何と言っても実践内容自体が
楽しんで行えるという点が特徴的です。

さらに、続けやすい工夫としては、
DVDを見ながら実践できるという点が挙げられるでしょう。

初めのうちはDVDを見ながら実践し、
やり方を覚えたら、日常生活の中でも実践できます。

電車での通勤中、ちょっとした休憩時間、
テレビを見ながら、お風呂の中、
トイレの中等、スキマ時間を有効に利用し、
何かの「ついで」に実践できます。

続けやすい特徴をバランス良く3つとも満たしていますので、
プチ認知療法を「継続しやすい教材第1位」としました。

>>プチ認知療法【特典&レビュー】

いかがでしたでしょうか。

一つのことを続けるのが苦手という方は、
参考にしていただけると幸いです。



●【お悩み別】教材の選び方

>>うつ病教材の効果的な選び方(総合)
>>本が読めない・頭が働かない時にオススメの教材は?
>>即効性のあるマニュアルは?
>>コストパフォーマンスが最も高いうつ病教材はどれ?

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

簡単なエクササイズで楽しく自信がついてくる

プチ認知療法DVD

プチ認知療法

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ