うつ病に即効性のあるマニュアルは?

今回は、当ブログでオススメしているマニュアルの中で、
どれが一番即効性が期待できるかを考えてみたいと思います。

うつ病改善の即効性と全額返金保証の関係とは?

マニュアルの即効性を考える上で、
全額返金保証を受けるために必要なマニュアルの実践期間が
一つの目安になると私は考えています。

「即効性と全額返金保証の期間にどんな関係があるの?」

と感じられたかもしれませんが、それでは
例として荒木式うつ病改善プログラムを見てみましょう。

荒木式の返金条件は以下のとおりです。

Sponsored Link

・最低でも90日間はプログラムの実践を行う
・90日間実践しても、うつ病が全く改善されなかった
・返金受付期間は、購入後90日~180日の間

上記3つの条件を満たした場合、
購入代金を全額返金してもらえます。
(荒木式の場合はマニュアルを返品する必要はありません。)

「90日間マニュアルを実践しても効果が見られない場合」
ということは、裏を返せば、荒木式の販売者サイドとしては、
「90日間マニュアルを実践すれば、うつ病改善に効果がある」
と考えているということです。

つまり、返金保証の実践期間が、そのまま
効果が現れるまでの期間と考えられるということです。

ここで、それぞれのマニュアルの返金条件を以下にまとめてみます。

プログラム名 実践期間 返金期間 返品
2ヶ月間うつ病改善プログラム 1ヶ月 購入後60日以内 必要
荒木式うつ病改善プログラム 3ヶ月 購入後90~180日の間 必要なし
プチ認知療法 6ヶ月 購入後365日間 必要なし
自己メンタルセラピー講座 6ヶ月 購入日から180日実践後30日以内  必要なし
うつ病の家族への対応マニュアル 6ヶ月 購入後180日経過後~  必要なし

以上の結果を見ると、最も短い実践期間は
2ヶ月間うつ病改善プログラムの1ヶ月間となります。

次に短いのが、3ヶ月間の荒木式。

プチ認知療法、自己メンタルセラピー講座、
うつ病の家族への対応マニュアルは、それぞれ
改善までに半年を見込んでいるということになります。

返金保証の実践期間と返金率の関係

もちろん、すぐに実践できない場合などを想定して、
返金受付期間を少し遅めに設定しているということも考えられます。

しかし、ちょっとうがった見方をしますと、
実践期間を長く設定することで返金率が下がる
という統計データがあると聞いたことがあります。

つまり、返金期間を長く設定することは、
返金請求されるリスクが減るということです。

これはなぜかと言いますと、返金までの期間が長いことで

・途中で実践をやめてしまう
・返金すること自体を忘れてしまう
・効果がなくても自分のせいだと思ってしまう

などの理由から、時間が経過するにつれて
返金請求をする人も少なくなってくると考えられます。

(効果がなければ返金するのに罪悪感を感じる必要はありません。
きちんと実践するのが大前提ですが、一定期間実践してみて
効果を感じなければ、正当に返金請求をしましょう。)

その反面、返金までの期間が短い教材に関しては、
販売者側にはあまりメリットがあるとは感じられません。

むしろ、実践期間が短くて済むことで
返金請求率が上がると考えられるため、販売者にとっては
デメリットしか感じられないと思われます。

販売者にとって何もメリットがないにも関わらず、
実践期間を短くしているということは、
やはりそれだけ教材の効果に自信があるということの現れであり、
実際に短期間で改善する人が多いという証明でもあると考えられます。

まとめ

結論として、返金までの期間を短く設定している
「2ヶ月間うつ病改善プログラム」と「荒木式うつ病改善プログラム」
に関しては、即効性を期待しても良いと個人的には考えています。

>>2ヶ月間うつ病改善プログラム【デメリットと評価】
>>荒木式うつ病改善プログラム【口コミと実践結果】

それぞれ「整体治療」と「食事療法」という違いはありますが、
どちらも「体質を改善してうつを治す」という点では共通しています。

やはり、治療の効果がある程度確立している「体」という側面から
うつ病を改善していった方が治りやすいということなのでしょう。

>>「うつ病 薬を使わない治療法~「体から治す」という考え方」参照

即効性の期待できる「2ヶ月間うつ病改善プログラム」と
「荒木式うつ病改善プログラム」の違いについてはこちらをどうぞ。

>>荒木式と2ヶ月間 うつ病改善プログラムを比較してみた



●【お悩み別】教材の選び方

>>うつ病教材の効果的な選び方(総合)
>>本が読めない・頭が働かない時にオススメの教材は?
>>コストパフォーマンスが最も高いうつ病教材はどれ?
>>継続できない人向けの教材は?

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

簡単なエクササイズで楽しく自信がついてくる

プチ認知療法DVD

プチ認知療法

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ