軽症うつ病の診断基準

今回は、軽症うつ病の診断基準をご紹介します。

重症のうつ病(大うつ病)は、前回お伝えした通り、
憂うつ感や興味の喪失、気力の低下、無価値感、食欲減退
などの症状が2週間以上続く
というのが診断の基準でした。

重症のうつ病(大うつ病)かどうかの
診断チェックはこちらの記事をご覧ください。

>>うつ病診断マニュアル(DSM)診断チェック

Sponsored Link

軽症のうつ病も、同じような症状が現れますが、
症状が現れる頻度が異なります。

軽症のうつ病の場合は、症状が現れたり現れなかったりする
という点が重症のうつ病(大うつ病)とは大きく異なる特徴です。

また、このような精神面の症状のほかに、
胃の痛みや頭痛、肩こりなどといった身体面の不調を訴える、
という点も軽症うつ病に多く見られる特徴です。

身体面の不調ばかりが見られ、
精神症状が隠されているうつ病のことを「仮面うつ病」と言いますが、
この「仮面うつ病」も軽症うつ病の一種として取り扱われています。

仮面うつ病のように、原因不明の体の不調が著しい場合、
首こりによる「頸性うつ」の可能性が高くなります。

(参照)>>うつ病や体の痛みを解消するには

頸性うつと通常のうつ病の見分け方と治療法
については、こちらの記事が参考になるでしょう。

>>荒木式と2ヶ月間 うつ病改善プログラムを比較してみた

軽症うつ病は、症状が出たり出なかったりするため、
なかなかうつ病とは気付かないことも多く、
また身体面に症状が現れることからも心の病気だとは自覚しづらい、
いささか厄介な病気と言えるでしょう。

医師が軽症うつ病と診断する場合には、
以下の(1)と(2)の両方に当てはまるかどうかを
診断基準にしています。

(1)ほとんど毎日、一日中抑うつ気分が続いている日が
 そうでない日よりも多く、その状態が少なくとも2年以上続いている

(2)(1)の抑うつ状態に加えて、
 以下のA~Fの症状のうち2つ以上の症状が1~2年以上続いている

 A.食欲減退、もしくは過食
 B.不眠もしくは過眠
 C.気力の減退や疲労感
 D.自尊心の低下(服装、身だしなみなどに気を使わなくなるなど)
 E.決断力、集中力の低下
 F.絶望感

A~Fのような症状は、健常者にも見られるものですが、
健常者の「落ち込み」と明らかに異なる点は、
症状に継続性があるかどうかです。

断続的とはいえ、1年も2年も症状が続くというのは、
明らかに異常と言えるでしょう。

軽症うつの診断結果を踏まえて

軽症うつの基準に当てはまらなかった場合

上記の基準よりも症状が軽い場合には、
今のところ問題はないと言えるでしょう。

日ごろから何となくストレスを感じている、
気分が晴れないという方は、当ブログに記載している
ストレス解消法などをお試しいただき、
ストレスを溜めないように心がけてください。

>>ストレス解消法にはカレーと読書が効果的!?

軽症うつの基準に当てはまる場合

軽症うつの場合は、重症うつ(大うつ病)よりも
症状が軽いため、うつになりやすい考え方を
修正する
ことが改善の近道となります。

また、考え方を修正することは、
うつ病の予防や再発防止にも効果があります。

当ブログでは、考え方を修正する教材として、
プチ認知療法」と「自己メンタルセラピー講座」を
おすすめしています。

「プチ認知療法」は、体感を通じて考え方を修正し、
うつ症状を改善する治療法です。

>>プチ認知療法【特典&レビュー】

「自己メンタルセラピー講座」は、複雑に絡み合った
問題をシンプルに捉え治す考え方が学べ、
今までよりも楽な生き方ができるようになります。

>>自己メンタルセラピー講座【特典&レビュー】

両者の詳しい違いについては
こちらの記事をご覧ください。

>>プチ認知療法 vs 自己メンタルセラピー講座 どっちがいいの?

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ