精神障害者手帳の等級は“2級”でした

以前、精神障害者保健福祉手帳の申請をしに行った、
という内容の記事を書きました。

>>精神障害者保健福祉手帳の申請に行ってきました

その後、結果が出ましたので、
レポートしておきたいと思います。

結論から言いますと、精神障害者保健福祉手帳の
交付を受けることができました。

Sponsored Link

障害等級は2級です。

もともと、3級でも通るかどうかわからない、
と思っていたので、2級は予想外でした。

等級が決定される根拠は、
医師の診断書によるところが大きいようなので、
なぜ2級と認定されたのかは、正直よくわかりません。

せっかく手帳の交付を受けましたので、
どのようなメリットが受けられるのか、
実体験を通してレポートしておこうと思います。

さて、以前の記事でも書きましたように、
うつ病での通院期間が6ヶ月以上の人は、
「精神障害者保健福祉手帳」を申請する資格があります。

多くの方が、申請の条件を満たしていると思います。
しかし、手帳の存在自体を知らないという人も多いと思います。
私が申請しようと思ったのも、
手帳の存在を知らない多くの人に、その存在を伝えたかったからです。

申請の際には、医師の診断書が必要ですので、
医師とご相談の上、申請するかどうか決めてください。

役所の職員さんに、精神障害者保健福祉手帳のメリットには
どのようなものがあるか教えてもらいましたので、書いておきます。

●携帯電話サービスの割引
●NHK受信料の割引(全額or半額免除)
●映画館の割引
●バス運賃の割引
●その他公共施設の割引(動物園、博物館など)
●所得税、相続税、住民税などで控除が受けられる
●ハローワークで「障害者枠」の仕事を紹介してもらえる

この中で、携帯電話サービスの割引と、
NHK受信料の割引を利用してみました。

携帯電話サービスは、私はauを使っているのですが、
もともと基本料が半額のコースを利用していたので、
通話料が若干安くなる、という程度で、
それほどメリットは感じませんでした。

NHK受信料は半額になりました。
これは、うつ病で生活に困っている方の助けになると思います。

他に、映画に行く機会があった時に、
手帳を携帯していたことを思い出し、
受付の人に見せてみました。

すると、映画の料金1800円のところが
1000円に割引になりました。

同伴者も割引になるようで、
妻も1000円になりました。
子どもはもともと1000円なのでそのままです。

親子3人で、4600円かかるところが、
3000円で済んだということになります。
これも、かなり家計の助けになるのではないでしょうか。

それから、手帳の申請時に必要な
診断書を医師に書いてもらう際に、
手数料が5000円ぐらいかかると思います。

そのお金も、手帳が交付された後に戻ってきますので、
申請にかかるお金は、提出する写真代ぐらいでした。
(スピード写真で大丈夫です。)

他にも、何かメリットを受けたら
またご紹介したいと思います。

ちなみに、以前の記事でもお伝えしましたが、
手帳を持っていることを自分から明かさない
限り、第三者に知られることはない
ので、
特にデメリットは無いと思っています。

(参考)>>精神障害者保健福祉手帳のメリットとデメリット

自分で、精神障害者と認定されることに
抵抗がある人は、やめておいたほうが良いでしょう。

それから、ハローワークで
「障害者枠」の仕事の斡旋を受ける場合も、
その会社の人には知られてしまいますので、
抵抗がある人は、利用しないほうが良いでしょう。

個人的にはメリットが多いと感じますので、
うつ病で通院6ヶ月以上の人は、
申請を検討してみてはいかがでしょうか。

精神障害者保健福祉手帳とあわせて
申請しておきたい補助金は以下の2つです。

●サラリーマンなど会社で社会保険に加入している方
>>うつ病で休職中の給与はどうすればいい?

●自営業、無職、専業主婦、パート、アルバイトの方
>>精神障害年金とは?受給資格や金額について

【追記】
現在は、医師の指導のもと薬の服用も終わり、
通院しなくても済むようになりました。
(参考)>>うつ病が再発する原因は?

それに伴い、精神障害者保健福祉手帳も返還しました。

手帳のメリットは受けられなくなりましたが、
手帳の存在を一定の方々に知らせることができており、
当初の目的を果たせたので満足しています。

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ