傷病手当金をもらえないケースでも精神障害年金なら受給可能です

以前、私は別の記事で

「認定が難しい障害年金2級に労力を使うよりも、
 うつ病の治療に専念したほうがよほど建設的だ」

という趣旨の意見を述べました。
(「うつ病パーフェクトマニュアルをオススメしない理由」参照)

さらに、傷病手当金の受給期間には1年6ヵ月
という期限があり、それ以降は受給できないのですが

「うつ病は1年半あれば十分に治すことができると思う」

Sponsored Link

という意味のことも書いていました。
(「精神障害年金とは?受給資格や金額について」参照)

当時は本当にそう感じていたのですが、
記事を書いてから約1年経過し、
思った以上に傷病手当金をもらえない方からの
メールをたくさんいただき、私の考えも少し変わりました。

読者の皆様からのメールを拝見して、

「これだけ精神障害年金の情報を求められているのに、
 読者の皆様方の要望に答えられないのでは、このブログを
 書いている意味がないのではないか」
と考え直しました。

以上のような理由から、精神障害年金を受給するための
マニュアルを、もう一度探し直してみることにしました。

障害年金のマニュアルは不正受給を促すものばかり?

以前「うつ病パーフェクトマニュアル」という
うつ病で障害年金2級を受給するためのマニュアルを
レビューしたことがあります。

うつ病パーフェクトマニュアル(藤沢俊太郎著)

このマニュアルを読んで、当時私が率直に思ったのは、
「本当にうつ病だったらこんなに面倒なことはできるはずがない」
というものでした。

もっと単刀直入に言わせていただきますと、
うつ病患者である著者が行なっていることは、
「うつ病と偽って不正受給のために色々と策を弄している」
ようにしか私には感じられませんでした。

2級相当の診断書を書いてもらうためにいくつも病院を変えたり、
重症のうつ病と書いてもらうためにあることを勧めていたりと、
「それはちょっと違うんじゃないかな…」
と首をかしげたくなるような内容でした。
(※現在は販売を中止されているようです。)

それに、障害年金は傷病手当金と違って、
症状が悪ければ、ずっともらい続けることができます。
(※更新手続きは必要です)

障害年金をずっともらい続けられるということは、
下手をすると「うつ病がずっと治らない方がいい」
と考える人も出てくるのではないか、とも思われました。

そうなると、このブログを書いている趣旨と反しますので、
障害年金をもらうために労力を費やすよりも、
傷病手当金がもらえる1年6ヵ月の間に、
うつ病を治すようにすればいい
、と思っていたのです。

しかし、今ならわかりますが、
私の考えはとても浅はかなものでした。

傷病手当金をもらえないケース

まず、そもそも傷病手当金を受けられない人達はどうするのか?

この点を知らなかったわけではありませんが、
あまり重視していませんでした。

しかし、実際には自営業の方や専業主婦、パート勤務の方など、
傷病手当金の受給資格がそもそもない方からのメールが相次ぎました。

※国民健康保険の被保険者は傷病手当金をもらえません。

さらに、なかなかうつ病が治らずに、
傷病手当金を受給できる1年6ヵ月が過ぎてしまい、
生活費に困っていらっしゃる方からのメールもありました。

※傷病手当金の支給限度期間は1年6ヵ月です。

うつ病が治って職場復帰し
「傷病手当金の受給は終了したが、しばらくしたら再発してしまった」
という場合もあるでしょう。

※傷病手当金は一度もらってしまうと、
 一定期間が経過しなければ再び受給することはできません。

当時、私はブログを書き始めてまだ経験も浅かったので、
個々の読者様への理解が足りなかったと深く反省しています。

うつ病で障害年金を受給する方法

以上のような理由から、もう一度、障害年金を
受給するためのマニュアルを探し直してみました。

その中に、このブログでもご紹介している
「傷病手当金を受給する方法」の著者・三嶋道明先生の
「うつ病で障害年金を受給する方法」というマニュアルを見つけました。
(当時はこのマニュアルの存在を知りませんでした)

三嶋先生なら、私も傷病手当金を受給する時に
メール相談を受けたことがあり、サポートがしっかりしていることを
知っていましたので、さっそく手に入れて中身を検証してみました。

うつ病で障害年金を受給する方法(三嶋道明著)

このマニュアルは、たしかに精神障害年金2級に
認定されやすくするためのマニュアルなのですが、
2級の認定をもらうために病院をいくつも変えたりするような
内容ではありませんでした。

そもそも精神障害年金2級の症状に相当する人が、
正しい書類作成のポイントを知らなかったために
3級に認定されてしまったり、不支給になってしまったり
しないようにするためのマニュアルです。

不正受給をしようとしている人に向けて
書かれているものではありません。

この内容であれば、私も自信を持って
オススメすることができると感じましたので、
レビューを書いてみました。

よろしければご覧ください。
>>「うつ病で障害年金を受給する方法」詳しいレビュー

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

簡単なエクササイズで楽しく自信がついてくる

プチ認知療法DVD

プチ認知療法

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ