うつ病障害年金【申請代行vsマニュアル】どちらが確実か?

前回、主婦や派遣社員について
障害年金が受給できるのか、という記事を書きました。

前回の記事はこちら
>>主婦や派遣社員でもうつ病で障害年金をもらえる?

その時に、お問い合わせいただいた方から、
もう一件質問をいただいておりました。

それは「マニュアルを購入するのと、申請代行を
依頼するのではどちらがオススメですか?」
という内容でした。

そこで今回は、障害年金の申請代行と
マニュアル購入のメリットとデメリットを比較検証し、
どちらがよりオススメなのか掘り下げてみたいと思います。

Sponsored Link

精神障害年金の申請が認定される確率はどちらが高い?

障害年金の受給決定に大きく左右するのが、
医師に書いてもらう「診断書」と患者さん本人が
作成する「病歴・就労状況等申立書」の2つの書類です。

申請代行を頼んだ場合と、マニュアルに沿って
ご自分で書類を作成した場合について考えてみます。

申請代行を頼んだ場合:社会保険労務士の能力次第

うつ病で障害年金を申請する場合には、
精神障害年金の申請経験が豊富な社会保険労務士さんに
申請代行を頼まなければいけません。

障害年金には身体障害年金もあります。

身体障害年金は、どの程度で認定されるかは、
数値などできっちりと判別されますので、
あまり社会保険労務士の経験とは関係なく、
基準値に達していれば誰でも認定されます。

(参照)>>うつ病で障害年金の受給が難しい3つの理由とは?

したがって、身体障害年金の申請代行ばかり
請け負っていて、精神障害年金の申請代行経験が
少ないと、実際に2級相当の症状だったとしても、
3級や不支給にされてしまうおそれがあります。

社会保険労務士さんでも、どの分野に強いのか、
人によって強みと弱みが異なりますので、申請代行を
頼む場合には、精神障害年金の申請代行の経験が
豊富な社会保険労務士さんを選ぶ必要があります。

また、医師に診断書を書いてもらう際にも、
どのように頼めば認定されやすい書類を医師に
書いてもらえるのか、そのコツを知っていて、
適切なアドバイスをしてくれる社労士を探さなければいけません。

これらの条件を満たしているのであれば、
問題ないと思います。

マニュアルを購入した場合:サポートをうまく利用することが鍵

マニュアル著者の三嶋道明先生は、
うつ病による精神障害年金の申請経験が豊富で、
かつ今までに蓄積されたノウハウを
マニュアルに全て書かれています。

マニュアルの手順通りに
「病歴・就労状況等申立書」を記入していけば、
2級認定のコツを踏まえた書類を
あなた自身で作成することができます。

そして、あなたが書いた書類を三嶋先生に送り、
添削してもらえるサポートが無料で付いています。

最終的に社会保険労務士である三嶋先生のチェックを受け、
認定されやすいように修正を加えられますので、
申請代行と同等の書類が作成できます。

また、医師に診断書を書いてもらう際にも、
どうすれば認定されやすい診断書を書いてもらえるか
についての解説も細かく書かれていますので、
安心して医師に依頼することができます。

結論としては、マニュアルも申請代行も
同程度の確率で認定されると言えるでしょう。

ただし、申請代行の場合は、うつ病による
精神障害年金の申請経験豊富な社会保険労務士に
頼まないと、認定の確率は大きく下がって
しまいますので、その点にご注意ください。

申請代行とマニュアル どちらを選ぶかのポイント3つ

上記のように、精神障害年金の申請経験豊富な
社会保険労務士さんであれば、2級認定される
確率は同じなので、あとは申請にかかる
「労力」「費用」「知識の習得」
問題になってくるかと思います。

申請にかかる「労力」

労力の面では、申請代行のほうが、
全て行なってもらえますので労力がかかりません。

労力では申請代行に軍配が上がります。

申請にかかる「費用」

費用の面では、マニュアルの方が安いです。

申請代行では10~30万円ほどかかりますが、
マニュアルでは1万7800円だけで済みます。

この金額でメール、電話、書類添削サービスが
含まれていますので、代行と同等の書類が書けるというわけです。

障害年金申請に関する「知識の習得」

精神障害での障害年金は、一度認定されれば、
ずっと受給し続けられるわけではありません。

障害の程度によって、1年~5年に一度、
更新手続きを行なう必要
があります。

申請代行の場合には、面倒な書類作成を
全て行なってもらえるというメリットがありますが、
その後の更新の際に必要な、自分で申請書を
作れる知識を持つことはできません。

更新の際にもまた、10~30万円ほどの
費用がかかってしまうことになります。

マニュアルの場合には、教材内容やサポートを通して、
認定されやすい書類の書き方が学べますので、
更新の際には一人で申請ができるようになります。

したがって、知識の習得という面では、
マニュアルに軍配が上がると言えます。

オススメは申請代行?マニュアル?私なりの結論

個人的には、費用がより少なく、更新の際に必要な
知識も身につくマニュアルをおすすめしますが、
この辺はそれぞれの方が「労力」「費用」「知識」で
どれを優先されるかで判断が変わってくる
かと思います。

「とにかく自分では何もできそうにない」
という方は「労力」を重視して申請代行を
依頼するのが良いでしょう。

「とにかく安く済ませたい」あるいは、
「更新の時にも自分で申請できるようにしておきたい」
という方は「費用」もしくは「知識」を優先して
マニュアルを選んだ方が良いでしょう。

生活費がなくなっていく不安は切実ですので、
うつの症状をより悪化させてしまいます。

生活費の心配をすることなく治療に専念し、
安心して療養生活を送る中でうつ病を克服していく。

そして、いずれは精神障害年金を
受給しなくても良い生活を目指していきましょう。

そのためにも、まずは小さな一歩を踏み出すことが大切です。

私が人柱となって自腹でマニュアルを購入し、
中身を確認した感想は以下からどうぞ。

>>うつ病で障害年金を受給する方法【特典&レビュー】



(関連記事)どっちがいいの?比較記事一覧

●【考え方を変える】教材対決
>>プチ認知療法 vs 自己メンタルセラピー講座 どっちがいいの?

●【うつ病は体から治す】教材対決
>>荒木式と2ヶ月間 うつ病改善プログラムを比較してみた

●【うつ病患者さんへの接し方】教材対決
>>増田泰司 vs 伊藤幸弘

●【食事療法】教材対決
>>荒木式うつ病改善とアスペルガー改善マニュアルを比較してみた

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

簡単なエクササイズで楽しく自信がついてくる

プチ認知療法DVD

プチ認知療法

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ