丸岡いずみ うつ闘病記(2)~極度の被害妄想に悩む入院生活

前回の記事はこちら
>>丸岡いずみ うつ闘病記(1)~震災がきっかけでうつを発症

うつで実家の徳島に帰った丸岡いずみさんの症状は
ますます悪化していきます。

病院では「うつ病」と診断され、薬を処方されましたが、
丸岡さんは「自分がうつ病」だとは
どうしても認められなかったそうです。

「うつ病は心や気の弱い人がなるもの。
 明るく元気な性格の私がうつ病なんかになるわけがない」

「もし自分がうつ病だったら、もう表舞台には戻れない」

Sponsored Link

そう思い込んでいた丸岡さんは、
処方された薬を飲むことはありませんでした。

ある日、口をパクパクさせて、足はバタバタ、
声も出ない様子の丸岡さんを見て、両親は彼女を
病院へかつぎ込み、そのまま入院となりました。

入院先でも「異常な行動」はエスカレートしていきます。

大量の水をガブガブ飲み続ける丸岡さん。

医師には、こう訴えていました。

「先生、助けて!お母さんにヒ素を盛られた。
 私を殺そうとしている!」

大量の水でヒ素を解毒しようとしていたのです。

その姿を見た母・さかえさんは泣いていましたが、
追い打ちをかけるようにこう言われます。

「よく涙なんか流せるね。自分でヒ素を盛っておいて!」

本当に怖い顔で、母親を睨みつけていたそうです。

うつ病患者特有の症状「極度の被害妄想」でした。

(関連記事)
うつ病患者が陥りやすい考え方についてはこちら。
>>うつの原因になる考え方とは(認知のゆがみ)

その後、拒んでいた薬を半ば強制的に服用。

「何があってもいずみは私が守る」
変わらぬ母の思いもあり、徐々に症状は
回復していきました。

そして、2012年8月には、映画コメンテーターの
有村昆さんと結婚。

現在は幸せな生活を取り戻し、
すっかり元気になっているようです。

しかし、「幸せな結婚を失ってしまうのではないか」
という心配も強く持っているそうです。

その心配とは「再発への不安」でした。

>>丸岡いずみ うつ闘病記(3)~うつ病になった本当の原因とはへ続く

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ