うつ病患者への接し方(2)~うつの兆候を見逃さない

うつ病患者には、自分の苦痛を大げさに訴えない
という傾向があるそうです。

うつ病患者は「自分のつらさは人にはわからない」と思ってしまい、
辛さを心の内にとどめてしまいがちなようです。

また、うつ病への理解が不十分なために
うつ病を「恥ずかしいこと」と捉えてしまい、うつの症状を隠したり、
つらいのをこらえて頑張ってしまうということも多いそうです。

うつ病についての正しい知識はこちらをご参照ください。
>>うつ病の基礎知識

Sponsored Link

余談ですが、タレントの丸岡いずみさんも、
「うつ病は心の弱い人がなるもの」という間違った知識が
あったために、自分がうつ病だとはなかなか
認めることができなかったそうです。

>>丸岡いずみ うつ闘病記(2)~極度の被害妄想に悩む入院生活

うつ病患者には以上のような傾向があるので、
家族や友人、恋人など周囲の人は、
うつ病の兆候に気づいてあげることが大切になります。

周りから見て、以下のような症状がたびたび見られるようになったら、
大事に至る前に心療内科や精神科へ行ったほうが良いかもしれません。

(1)口数が少なくなった
(2)特に朝方から午前中にかけて調子が悪いようだ
(3)悲観的なことを言うことが多くなる
(4)たびたび会社(学校・家事)を休みがちになる
(5)夜、よく眠れない(もしくは寝すぎている)ようだ
(6)元気がなくなった
(7)帰宅後、ひどく疲れているように見える
(8)食欲不振(過食)、体重減少(増加)、精力減退
(9)顔色が悪い
(10)肩こり、頭痛に悩まされている
(11)ぼんやりすることが多くなった
(12)休日は家にこもってゴロゴロすることが多くなった

上記のような小さな兆候に気づいてあげることが
うつ病の早期発見や、症状のさらなる悪化を防ぐためには
有効な手段となります。

より具体的な診断基準を知りたい方は、
こちらの記事をご覧ください。

>>簡単に診断できるうつ病チェックシート
>>本格的なうつ病診断(DSM)
>>軽症うつと大うつの違いとは

うつ病かもしれない人を病院に連れていくには

家族など周囲の人がうつ病の兆候に気づいたとして、
どのように精神科や心療内科へ連れて行くかが問題です。

まだまだうつ病などの精神疾患に対する偏見は
日本では特に根強いため、周りの人も「具合が悪そうだから
精神科へ行きなさい」とは言いづらいものです。

精神科に比べると、心療内科のほうが敷居が低い
と言えるでしょうが、心療内科でも人によっては
行きづらいということも多いでしょう。

(関連記事)>>精神科と心療内科の違いについて

そのような時には、
精神科や心療内科のある大学病院や総合病院などの
比較的大きな病院の内科へ連れて行くことをおすすめします。

大きな病院であれば、内科で診察をして
必要があれば精神科や心療内科へ
患者さんをまわしてくれるから
です。

前もって付き添いの人から受付で、
「精神科に行きたがらないので内科へ連れてきました」
と伝えておけば、よりスムーズに専門家の
適切な診察を受けることができます。

ただし、医師にも良い医師と悪い医師がいます。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

>>うつ病の薬は飲みたくない!~10年以上治らないあなたへ
>>心療内科・精神科が話を聞いてくれない~5分診療の真実とは?

あなたの接し方次第でも、患者さんの
症状を劇的に改善することは可能です。

うつ病患者さんへの接し方を体系的に学びたい方には
うつ病の家族への対応マニュアル」がおすすめです。

>>増田泰司 うつ病の家族への対応マニュアル レビュー

あなたのお子さんがうつ病になり、不登校や引きこもり
などの問題行動を起こしている場合には
不登校ひきこもり解決DVD」をおすすめします。

>>伊藤幸弘 不登校ひきこもり解決DVD【本音レビュー】

両教材の詳しい違いについて知りたい方は、
こちらの記事をご覧ください。

>>【接し方教材対決】増田泰司 vs 伊藤幸弘

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ