うつ病と「めまい」や「頭痛」が併発した場合には…

うつ病になると、やる気が出ないなどの「精神症状」と
自律神経失調症などの「身体症状」が症状として現れます。

精神症状と身体症状、どちらの症状が先に現れたか、
あるいはどちらの症状が強く現れているかで、
治療法も変わってくることを以前お話しました。

>>荒木式と2ヶ月間 うつ病改善プログラムを比較してみた

今回は、うつ病の身体症状として現れやすい
「頭痛」と「めまい」について詳しく見ていきたいと思います。

頭痛とめまいは、原因不明の体の痛みの中でも、
自律神経失調症と合わせて、うつ病患者さんによく現れる身体症状です。

Sponsored Link

うつ病を併発しやすい身体症状(1)頭痛

頭痛は大別すると「緊張性頭痛」と「偏頭痛」の
2種類に分けられます。

緊張性頭痛が全体の約70%、
偏頭痛が残りの約30%と言われています。

まずは、70%と頭痛の大半を占める
緊張性頭痛から見ていきましょう。

緊張性頭痛(頚性頭痛)の原因は?

緊張性頭痛は長い間原因不明とされ、
効果的な治療法はないとされてきました。

2010年10月に、東京脳神経センター理事長の松井孝嘉氏が
「緊張型頭痛は首コリが原因で起こる頚性頭痛である」と
日本頭痛学会で発表し、多くの臨床結果から
原因と治療法を導き出しました。

ちなみに、松井氏は東大卒の脳神経外科医で、
ジョージタウン大学において世界初の全身用CTの開発に従事し、
日本中にCTスキャナを普及させた中心人物です。

また、30年以上首の研究を続け、自律神経失調症の
治療法を初めて確立した世界的な権威でもあります。

緊張性頭痛(頚性頭痛)は、頭半棘筋(とうはんちょくきん)という
首の後ろの筋肉が硬くなり、中を通っている
大後頭神経を圧迫することによって起きるとされています。

頚性頭痛の特徴としては、以下の4つが挙げられます。

1. 後頭部から首筋にかけて突っ張るような痛みがある
2. 頭を強く締め付けられるような圧迫感や頭が重い感じがある
3. 一時的ではなく、連日のように何時間にもわたって頭が痛む
4. 夕方から夜にかけて症状が悪化する

上記の特徴が見られる場合には、
首コリが原因の頚性頭痛の可能性が非常に高いと言えます。

偏頭痛について

偏頭痛は別名「血管性頭痛」と呼ばれており、
頭の中の血管が広がることで、神経の末端を
刺激してしまい、痛みを感じると言われています。

血管が拡張することで生じるため、
脈を打つたびにズキンズキンと頭が痛み、
時に吐き気も催します。

また、偏頭痛という名のとおり、
痛みは左右のどちらかに偏って生じます。

先ほどの「頚性頭痛」のように、長期間にわたって
痛むのではなく、月に1・2回ぐらい発作的に現れ、
通常は3日以内には症状が収まることが多いようです。

また、偏頭痛は20~40代の女性に多く見られ、
妊娠中は症状が収まる場合が多いため、
生理や卵巣ホルモンに何らかの関係があるのでは
ないかと考えられています。

前述の松井氏によると、一部の偏頭痛にも
首コリの治療が有効であったという事例が見られ、
偏頭痛と首コリにも何らかの関係性があると考えているようです。

以上のように、頭痛の約70%を占める緊張性頭痛や
一部の偏頭痛には首コリの治療が有効であることが
臨床結果により証明されています。

うつ病を併発しやすい身体症状(2)めまい

ひどいめまいを感じると、人は耳鼻科へ行きます。

一般的には、めまいは耳の最も奥にある
「内耳(ないじ)」と呼ばれる平衡感覚を司る
器官の異常によって起こると考えられているからです。

めまいを感じて耳鼻科に行くと、大抵は
「内耳性めまい」や「メニエール病」と診断されます。

しかし、松井氏によると、そもそもメニエール病は
とても珍しい病気であり、そんなに多くの人が
メニエール病と診断されるのはおかしいそうです。

(最近になってようやく、めまいをメニエール病と
 診断する傾向は少なくなってきているようです。)

めまいも頭痛と同じく、首コリが原因で
起きている場合が非常に多いそうです。

頭痛やめまいを取り除くには、首の後ろの筋肉を
深い部分からほぐし、同時に首の骨の矯正を行い、
首への負担を軽減する必要があります。

頭痛やめまいで病院の治療を受けても効果がなかった方は、
首コリを治療してみると大きな効果が得られるかもしれません。

当ブログでは、首コリによる頭痛やめまい、
さらにうつ症状の改善には、整体治療で深い部分のコリをほぐす
「2ヶ月間うつ病改善プログラム」をオススメしています。

詳しくは下記リンクよりレビュー記事をご覧ください。

>>2ヶ月間うつ病改善プログラム【当ブログ限定特典とレビュー】

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

簡単なエクササイズで楽しく自信がついてくる

プチ認知療法DVD

プチ認知療法

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ