子どものうつ病~引きこもりの対処法

最近では、複雑な社会情勢を反映してか
小学生でもうつ病になるケースがあるようです。
(もっとも、子どもの場合は「うつ病」という言い方ではなく、
「うつ状態」という言い方をするようですが)

子どもがうつ病になる原因としては、
「親子関係」「友達関係」「学校関係」の3つが多いようです。

他には、「優しくしてくれた身近な人の死」や
「悲惨な体験のトラウマ」が引き金となって
うつ病になることもあります。

うつ病になると、何をするわけでもなく
ぼんやりしていることが多くなったり、無表情、無関心、
体重減少、成績低下、不眠、怒りっぽくなる
など、
大人のうつ病と変わらない症状がみられます。

Sponsored Link

思春期のうつ病

中学生ぐらいの思春期になると、
抑うつ感といった精神症状に加えて、
腹痛、頭痛などの身体症状も見られるようになります。

さらには、自殺について話すことも多くなるなど、
よりうつ病の特徴が顕著に現れるようになります。

思春期特有の多感な時期というのも相まって、
「引きこもり」「登校拒否」などの
深刻な問題に発展しやすいという点も、
子どものうつ病の特徴と言えるでしょう。

(参考)>>思春期の子育て

引きこもりの対処法

子どもが「引きこもり」や「登校拒否」になると、
家族はなんとかして外へ連れ出そうとしますが、
これはかえって逆効果になります。

うつ病になると、今まで平気だったことでも
苦痛に感じることがあります。

人が周囲にいるだけでも、
人から声をかけられたりするだけでも、
本人にとっては苦痛に感じてしまう
こともあります。

そのような時に無理やり外へ連れ出そうとすることは、
本人にとって相当なストレスになってしまうのです。

うつ病の治療で大切なのは、
「なすがまま」にしておくということ。

「なすがまま」と言っても、
ただ放っておけばいいというわけではもちろんなく、
「本人の状況を見守りつつ、そっとしておく」ことが大切です。

「見守る」というのは具体的に、
睡眠」と「食事」だけはチェックしておくということです。

四日以上何も口にしていないか、
不眠の状態が続いているようであれば、
無理やりにでも病院に連れていく必要があります。

本人を追い込むような言葉はストレスになって
しまいますので、「なんで学校に行かないんだ?」
などの言葉はかけないように注意してください。

(参照)>>うつ病患者への接し方~禁句

もし二週間経過しても良くなる兆しが見られないようなら、
その時は専門医に見てもらう必要があるでしょう。

子どものうつ病の場合「全くなにもしゃべらない」ことで
悩んでいる親御さんも多いようです。

しかし、全くしゃべらない状態でも、
患者さんは言葉には出していないだけで、頭や心の中では、
いろいろなことを考えたり感じたりしています。

当ブログで推奨している「うつ病の家族への対応マニュアル」には、
患者の「声にならない声」を聴き取るための方法も書いてあります。

沈黙への具体的な対応を知り、
患者さんの気持ちを感じ取ってあげてください。

管理人が教材の中身を確認し、教材内容を詳しく分析しています。

●うつ病患者の気持ちに沿った対応を体系的に学ぶには
>>増田泰司 うつ病の家族への対応マニュアル【特典&レビュー】

●子供の問題行動を解決するにはこちら
>>伊藤幸弘 不登校ひきこもり解決DVD【特典&レビュー】

●両教材の違いについてはこちら
>>【接し方教材対決】増田泰司 vs 伊藤幸弘

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ