待合室で「怒り」をまき散らす患者

うつ病を克服したからといっても
薬をすぐにやめるわけにはいきません。

徐々に減らしていかないと、「離脱症状」と呼ばれる
副作用が起きてしまい、うつ病がぶり返すことがあります。

ですので、私は今でも月に一回ほど通院し、
薬を少しずつ減らしてもらっているところです。

先日、心療内科に診察に行った時に
ちょっとした「事件」がありました。

病院のけっこう大きな待合室で、
自分の順番を待っていた時のことです。

Sponsored Link

突然、60代ぐらいのおじさんが
近くに座っていたカップルに怒鳴り始めました。

「お前ら、さっきからペチャクチャペチャクチャ
 うるさいんだよ!ここは病気の人が来るところなんだよ。
 お前らホントに病気なのか?
 うるさくするなら出て行け!!」

こんな感じで、カップルに散々怒声を浴びせていました。

女性のほうが患者さんだったのでしょうか。
すぐに立ち上がって女性だけ逃げて行ってしまいました。

残された男性は、そのおじさんに謝っていました。

おじさんは、それだけでは飽き足らずに、

「俺に謝ったってしょうがないんだよ!みんなに謝れ!」

と怒鳴りました。

男性は待合室の人達に「すみませんでした」と
大きな声で謝っていました…。

私は見ているだけしかできませんでしたが、
なんだかその男性がとても気の毒になってしまいました。

それほどうるさいわけでもなかったと思います。
私は全く気になっていなかったので。

むしろ、そのおじさんの方がうるさかったですし、
おそらく待合室の人達も、おじさんの方が
カップルよりも数段迷惑だったと思います。

しかし、こういう時って看護師さんや先生達も
まったく止めに入ってくれないものなんですね…。

不快な感情は私たちを守るために起こる?

「ちょっとしたことですぐ怒る」というのも
うつ病の症状の一つです。

このおじさんが普段どういう人なのか知りませんが、
うつ病の症状として、怒りやすくなっていたんだと思います。

「怒り」「不安」「悲しみ」「焦り」「驚き」
これらの5つの感情は、うつ病患者さんの症状として
強く現れるものです。

しかし、これらの感情が強く出るのは、
私たちを苦しめようとしているからではありません。

むしろその逆で、私たちを守ろうとして
出てくる感情なのです。

(参考)>>うつ病~防衛本能がもたらす宿命~

ここが理解できると、うつ病に対しての
考え方が変わってきます。

うつ病がそれほど悪いものではないとわかると、
症状が気にならなくなってきます。

気にならなくなると、自然に症状は収まってきます。

最近怒りっぽくなってきたという方は、こちらをご覧ください。
>>プチ認知療法【特典&レビュー】

(追記)
その後、離脱症状を起こすこともなく、無事に薬を
やめることができ、通院も終了しています。
詳細はこちらの記事をどうぞ。

>>うつ病が再発する原因は?

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ