冬季うつ病の症状をチェックしてみましょう

基本的に、どの季節でもうつ病は発症しますが、
ある季節になるとうつ病の症状が見られるというように
季節のリズムと関連が見られるタイプのうつ病があります。

これは季節性情動障害、季節性気分障害などと呼ばれています。

10~12月の秋冬に発症し、春頃には回復する
冬にだけ症状が現れるものを特に
“冬季うつ病”と呼んでいます。

(関連記事)>>冬季うつ病の対策と治療法

Sponsored Link

冬季うつ病の症状をセルフチェック

冬季うつ病の代表的な症状を挙げてみます。
自分が冬季うつ病の症状に当てはまっているか
セルフチェックしてみてください。

通常のうつ病チェックはこちら。

●自己否定的になる
●今まで興味があったことにも関心がなくなり、無気力になる
●些細なことでもイライラし、怒りっぽくなる
●集中力、思考力が著しく減少する
●疲れやすくなる
●睡眠時間が増える。日中も眠くなる
●食欲が増進する。特に炭水化物や甘いものが食べたくなる。体重も増加する

通常のうつ病に見られるような抑うつ状態は
冬季うつ病でも現れます。

冬季うつ病特有の症状として、
「過眠」「過食」が挙げられます。

この2点が、冬にだけ現れる場合、
冬季うつ病を疑ってみたほうが良いかもしれません。

冬季うつ病の原因とメカニズム

日照時間の短い冬に発症すること、
緯度の高い土地のほうが発症率が増えることから、
冬季うつ病は日照時間の短さが原因で発症すると
考えられています。

実際に、緯度の高いフィンランドや
アラスカなどでは発症率が人口の10~20%と、
かなり高確率で冬季うつ病が発症しています。

ではなぜ、日照時間の短さが冬季うつ病の
原因になるのでしょうか。

それには、脳内伝達物質「セロトニン」
眠気を促すホルモン「メラトニン」
深く関係しています。

気分を良くする働きのある「セロトニン」は、
太陽の光を浴びて光の刺激を受けることで
生成されます。

日照時間が短くなると「セロトニン」の量が減り、
いわゆる「抑うつ気分」になりやすくなるのです。

また、昼間に日光を十分に浴びると、
脳の松果体という部分から、
夜間に「メラトニン」が分泌され、夜眠くなります。

昼間に十分日光を浴びていないと、
メラトニンが分泌されるタイミングがずれたり、
分泌量が増えたりして体内時計が狂ってしまいます。

体内時計の乱れは、睡眠と覚醒という
生活のリズムの乱れにつながり、
疲れやすい、無気力、食欲をコントロールできない、
などの冬季うつ病の症状が出やすくなってしまうのです。

(関連記事)>>質の良い睡眠をとるには(昼夜逆転の治し方)

日照時間の短い地域に住んでいる方や、
朝や昼間にあまり日光を浴びていない方は、
2500ルクス以上の光を浴びることで、
体内時計を正常に整えることができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
>>朝の目覚めを良くする方法~光で起きる目覚まし時計とは?

うつ病の治療には、「食事療法」で
「うつになりにくい体を作る」という方法も、とても有効です。

「冬季うつ病」で20歳のころから症状に苦しんだ
東京都にお住まいの井上さんという方がいます。

彼女は毎年1月から6月ごろまで、
寝たり起きたりの生活を繰り返していました。

ところが、「荒木式断糖食」という食事療法で
辛い症状はすっかり良くなりました。

冬季うつ病を克服した井上さんの体験談の動画を、
公式サイトで無料視聴できます。

あなたの症状を治すヒントが見つかるかもしれません。

まずは、私が実践した時のレビュー記事から
ご覧になってみてください。
レビュー記事内のリンクから公式サイトへ移動できます。

>>荒木式うつ病改善プログラム【特典&レビュー】

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ