グッスリ眠って不調を撃退!~睡眠ホルモンを正しく出す方法とは?

先日「主治医の見つかる診療所」で
取り上げていた睡眠特集をまとめておきます。

睡眠不足になると頭痛、胃の不調、肩こり、倦怠感から、
高血圧、糖尿病、うつ病など命に関わる病気まで
体調に様々な悪影響がでてしまいます。

うつ病になると、多くの人が睡眠障害に陥ります。
逆に、睡眠不足が原因でうつ病になる人もいます。

このように「うつ病」と「睡眠」は深い関わりがあります。

あなたは快適な睡眠がとれていますか?

そこで、今回は
「快適な睡眠をとるにはどうすればいいの?」
という問いにお答えしていこうと思います。

あなたの不眠度をチェック!

以下の12個の質問にいくつ当てはまるか
チェックしてみてください。

あなたの不眠度がわかります。

①寝る時間は決まっておらず毎日ばらばら

②平日にあまり寝られないため休日に「寝だめ」する

③起きた時に「よく寝た」と思えない

④寝つきが悪いことが多い

⑤夜中に何度か起きてしまうことがある

⑥思ったよりも早く起きてしまうことがある

⑦よく昼間に居眠りしてしまうことがある

⑧集中力が途切れがちでイライラすることが多い

⑨最近面白そうなことがあってもあまりやる気が出ない

⑩自分は寝なくても大丈夫なほうだ

⑪眠れないのは異常ではないと思う

⑫仕事が忙しいと寝ないで夜遅くまで頑張ってしまう

あなたはいくつの項目に当てはまりましたか?

注意するのは4個以上当てはまった人。

10個以上の方は不眠症に近いレベルです。
専門医への相談をおすすめいたします。

4~9個の場合は、これからお伝えする
セルフケアの方法を試してみましょう。

睡眠ホルモン「メラトニン」とは

快適な睡眠をとるために欠かせないのが「睡眠ホルモン」。

睡眠ホルモンとは、脳の松果体という部分で作られる
「メラトニン」という物質のことです。

メラトニンは脳で作られ、
血液を通じて全身に行き渡ります。

そして、自律神経を通じて脈拍をゆっくりさせたり、
体温を下げるなどの調節を行い、
眠りにつくための準備をするのです。

つまり、メラトニンの分泌を正しく行うことが
快眠につながるというわけです。

メラトニンを正しく分泌させるには

「メラトニンを正しく出せばいいのはわかったけど、
具体的にどうすればいいの?」

はい、お答えします。

睡眠ホルモンを正しく出すには
以下の2つの方法が効果的です。

・毎日同じ時間に朝日を浴びる
・夜になったら強い光をなるべく見ない

「それだけ?」と思いましたか?

なぜこんな簡単な2つの方法で睡眠が改善されるのでしょうか。

それには、睡眠ホルモンの性質について理解すれば
納得いただけると思います。

メラトニンの分泌サイクル

メラトニンには、朝起きて太陽の光を見てから
14~16時間たつと分泌され始めるという性質があります。

たとえば、朝7時に起きて太陽の光を浴びたとしましょう。

それから約14時間後の午後9時に
徐々に睡眠ホルモン「メラトニン」が分泌され始めます。

分泌されてから約3時間後の深夜0時ごろに眠くなり始め、
寝ている間に、少しずつメラトニンの分泌量が減ってきます。

そして約7時間後にメラトニンの分泌が収まってきます。
朝7時ごろには自然と目が覚めるという仕組みです。

というわけで、「毎日同じ時間に朝日を浴びる」
ということは睡眠ホルモン「メラトニン」を正常に
増減させるため、規則正しい睡眠につながるというわけです。

具体的には朝10時ごろまでに太陽の光を浴びるといいそうです。

「でも、寝ようと思っても、
なかなか寝つけないときはどうするの?」

そこには、メラトニンのもう一つの性質が関わっています。

メラトニンは夜強い光を浴びると減少する

メラトニンという物質はとってもデリケートです。

300ルクス以上の光を浴びると減り始め、
500ルクス以上の光で大幅に減少してしまいます。

夜になって、せっかくメラトニンが分泌され始めても、
布団の中で携帯電話やスマートフォンの画面を見るだけで、
大幅に減少してしまいます。

眠りにつくために必要な量にまで達しないために、
なかなか寝つけないという現象が起きてしまうのです。

この他にも、暗いところでのパソコン画面は
500~1000ルクス、深夜のコンビニの店内は
1000~1500ルクスもの明るさです。

メラトニンの量を減少させないためにも、
寝る前にパソコン、テレビ、スマートフォンなどの
画面を見たり、コンビニへ行ったりすることは
控えたほうが良いということです。

メラトニンを減らしにくくするには

「でも、どこへ行っても明かりがある現代社会では、
 夜、光を見ないほうが難しいんじゃないの?」

そうですね。

それでは、メラトニンの量を減りにくくする
3つの方法をお伝えします。

①昼間に太陽の光を30分以上浴びる
②部屋の照明を暖色に変える
③ハミガキの時間を寝る1時間前に終わらせる

順に見ていきましょう。

2002年にアメリカで、30分以上太陽の光を浴びたグループと
浴びなかったグループでメラトニンの分泌量を
比較する実験を行ないました。

その結果、昼間に30分以上太陽の光を浴びたグループのほうが
メラトニンの分泌量が減らないという結果がでました。

昼間外出できない人でも、陽の当たる窓際などで
30分以上過ごすだけでも大丈夫です。

また、白い光を見ると青色光線がメラトニンの分泌を妨げます。

この場合は、部屋の照明を暖色系にするか、
暖色のカバーをとりつけるなどで対処できます。

ハミガキの時間をずらすのは、歯茎を刺激すると
メラトニンの分泌量が減ってしまうからです。

眠る1時間前にハミガキをすることで、一時的に
メラトニンの分泌量は減りますが、眠りにつくころ
には、また増えてきますので問題はありません。

まとめ

・毎日決まった時間に朝日を浴びる
・日中に30分以上太陽の光を浴びる
・照明の光は暖色のものを選ぶ
・ハミガキは寝る1時間前に終わらせる

以上の4点に注意すれば、
睡眠ホルモンが適切に分泌されるようになり、
快適な睡眠を得られる確率が上がります。

あなたもぜひお試しください。

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ