快適な睡眠は「食事」から

うつ病になると、ほとんどの人が悩まされる「睡眠障害」。

決まった時間に、ぐっすり眠れるようになるには、
睡眠ホルモン「メラトニン」を
きちんと分泌させることが重要です。

以前の記事で、生活習慣を整えることで、ちょうど眠るころに
メラトニンの分泌を促す方法をお伝えしました。

>>グッスリ眠って不調を撃退!~睡眠ホルモンを正しく出す方法とは?

今回は「食事」によって、メラトニンの量を増やし、
快適な睡眠をとる方法をお伝えします。

Sponsored Link

メラトニンはトリプトファンから作られる

まず、睡眠ホルモン「メラトニン」の
合成に欠かせないのが、必須アミノ酸の
「トリプトファン」という物質です。

トリプトファンが不足すると、
メラトニンが作れなくなってしまいます。

必須アミノ酸自体は、体の中で生成できないため、
食事から摂取するしか方法がありません。

では、トリプトファンを多く含むものは
何かというと、それは「タンパク質」です。

正常にメラトニンを作り出すために
必要とされるトリプトファンの量は、
一日あたり約500~600mgと言われています。

トリプトファンは多く含む食材には、
以下のような動物性・植物性タンパク質があります。

数字は100g中に含まれるトリプトファンの量です。

●動物性タンパク質
・チーズ…約290mg
・たらこ…約280mg
・牛肉(赤身)…約218mg

●植物性タンパク質
・豆腐…約98mg
・納豆…約240mg

トリプトファンは、すぐに体内に吸収されるので、
これらの食材は夜に食べるほうが効率が良いです。

食べてから、わずか1時間で脳に到達し、
メラトニンの材料になります。

また、あまりタンパク質をとれなかった日などは、
寝る1時間前に「ホットミルク」を飲むとよく眠れます。

牛乳には200cc中、約80mgのトリプトファンが含まれています。
手軽にとれるのでオススメです。

牛乳には、他にカルシウムも多く含まれていますので、
カルシウムの神経鎮静作用も手伝って、
さらに安眠効果が期待できます。

「寝る前にあったかい牛乳を飲むとよく眠れる」
というのは、このようにきちんと根拠があるのです。

しっかり眠れば太らない?

睡眠を正しくとると「太らない」というメリットもあります。

不眠の原因の一つに「無理なダイエット」があります。

無理なダイエットをすると、睡眠を妨げるホルモン
「オレキシン」が分泌されます。

オレキシンが分泌されると、目が冴えて眠れなくなり、
つい必要以上にものを食べてしまうようになります。

こうして、無理なダイエットをすると、逆に太る
(リバウンドする)という現象が起きてしまいます。

空腹時に「オレキシン」が分泌されるのは、
「狩猟生活」時代のなごりです。

狩猟生活をしていた時代は、「空腹」は
「死」に直結した緊急事態です。

死を避けるために、食料を求め、狩りへ向かわせようと、
体内で覚醒ホルモンの分泌が促進され、目が冴えるように
人間の体というものは作られているのです。

そして、無事食べ物にありつけると、
ようやく安心して眠くなります。

食べると眠くなるのは、そういう仕組みだったのです。

逆に、きちんと睡眠をとれていれば、
意外と食欲は抑えられます。

1日3食しっかり食べて、正しく眠るのが
「自然に体重を落とすコツ」でもあるのです。

まとめ

・理想的な快眠のためには、タンパク質をきちんととって
 睡眠ホルモン「メラトニン」の量を増やすこと

・無理なダイエットで覚醒ホルモンを出さないようにすること

(関連記事)
>>うつ病に効く食べ物
>>うつ病で甘いものが食べたくなる~糖中毒の危険性
>>うつ病は糖質制限で治す~栄養が偏らないか心配な方へ

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ