うつ病の治療にも役立つ、セルフイメージの高め方

何かを成そうとする場合、心の持ち方というのは
とても重要な位置を占めます。

スポーツの世界、ビジネスマンの世界など、
競争と名のつく社会で生き抜いていくためには、
心(マインド)をしっかり築いていないと、
成功することは難しいようです。

日常生活においても同じです。

毎日を幸福に生きるためのマインドが養われていないと、
なんとなく毎日が楽しくなかったり、
憂うつな気分に苛まれることも多くなります。

心の持ち方、マインド、など色々な呼び方はありますが、
結局それらは何かというと、セルフイメージのことです。

Sponsored Link

私たちが、現在の状態になっているのは、
今までに自分で描いてきたセルフイメージの結果です。

平均的な生活を送っている人は、
「自分は平均的な人間だ」というセルフイメージを描いてきたから、
現在そのような結果になっているわけです。

このあたりのセルフイメージと現在の状態との関係は、
前回お伝えした無料レポートに詳しく書いてありますので、
そちらをご覧ください。

このレポートを読んでおけば、
今日の話の理解度はさらに深まります。

まだダウンロードされていない方は、
以下のリンク先のフォームよりアドレスを入力し、
返信メールで無料プレゼントを受け取ってください。

頑張るのを止めると成功する(終了しました)

さて、セルフイメージが重要なのはわかった。

では、どのようにすれば良いセルフイメージを
脳(潜在意識)に植えつけられるのでしょうか。

今回は、良いセルフイメージを築く方法を
3つご紹介していきます。

1. 小さな成功体験を積み重ねる
2. 自分が理想と思っている人物像を演じる
3. 付き合う人を変える

以下、詳しく見ていきましょう。

1. 小さな成功体験を積み重ねる

小さな成功体験を積み重ねることで、
「自分はできる」というセルフイメージが
脳に植えつけられていきます。

コツとしては、目標を高く持ちすぎないことと、
小さな事からとりあえず始めてみることです。

(関連記事)
>>やる気と行動の法則
>>不安を取り除く方法~曝露法(エクスポージャー)
>>なんとなくやってみる~なかなか行動できない人へ

今の自分の力量で少し頑張れば届くぐらいの目標が
ちょうど良いでしょう。

理想を高く持つのは良いですが、
あまりにも高すぎると、確実に挫折しますし、
セルフイメージの低下につながります。

2. 自分が理想と思っている人物像を演じる

これは、ある心理学の実験に基づいています。

「es」などの映画にもなった実験ですので、
ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「スタンフォード監修実験」と呼ばれています。

この実験では、大学生21人をランダムに集め、
看守と囚人に分けました。

それぞれの役割をリアルに演じているうちに、
どんどんエスカレートしていき、
囚人たちは暴動を起こし、看守たちは
禁止されている暴力を振るうようになった
ということです。

つまり、それぞれの役割をリアルに演じているうちに、
各人のセルフイメージが変わってしまったということです。

セルフイメージが変わったために、
それに見合うような行動をとるようになったというわけです。

逆に言えば、自分の理想とする人物像を
リアルに思い描き、それになりきったと思い込み
演じきることができれば、その理想像に近づいていく
ということが言えます。

3. 付き合う人間を変える

自分のセルフイメージは、周囲の人の影響を強く受けています。

(関連記事)
>>自己評価が異様に低い日本人
>>ゆがんだ考えを持つ理由
>>価値観を変える方法

裏返せば、自分のセルフイメージと大きくかけ離れた人とは、
なかなか付き合おうとは思えないということです。

例えば、よく言われていることですが、
自分の周囲の人間の年収の平均額が、
自分の年収と同じぐらいになる、というのも同じような意味でしょう。

ということは、付き合う人間を変えれば、
その人たちのセルフイメージに自分も近づいていく、
ということです。

付き合っている人たちの考え方に触れているうちに、
その考え方を当たり前に感じるようになり、
いつの間にかセルフイメージが変化していく、というわけです。

まぁ、そうは言ってもすぐには
付き合う人間を変えるというのは難しいでしょう。

親兄弟などの影響を受けたくないからといって、
付き合いをやめるというわけにもいきません。

そんな時には、本や映画などから
別の考え方に触れるというのでもいいですし、
自分の理想とする人の音声をくり返し聞く
というのも有効な手段でしょう。

そこで、今回は経営コンサルタントとして、
100社以上の大企業や政府機関を指導してきた
ジェームス・スキナーという人の無料セミナー音声を
ご紹介しようと思います。

(外人さんですが、日本語はペラペラです)

この人の前向きな考え方にくり返し触れるうちに、
それが当たり前と思えるようになったらしめたものです。

セルフイメージを変えるという目的以外にも、

・「恐怖」の実践的な解決方法
・「○○」と考えるだけで人生が変わる
・今までと違う可能性を広げる方法
・時間管理の究極の技

など、より良く生きるための
具体的なテクニックまでも知ることができるので、
一回聞くだけでも無駄にはならないと思います。

ダイナミックな人生を生きる方法(無料)(終了しました)

また、このセミナーは、
プラチナ席で55,000円もしていたそうです。
しかも、前売りで完売したんだとか。

それだけのお金を払ってでも、
聞きたいと思っていた人たちが実際にいた、
価値のある音声です。

「7つの習慣」というベストセラー本を
書店で見かけたことがある方もいらっしゃると思いますが、
その本を日本に広めたのが、
このジェームス・スキナーという人です。

世界で認められている人の考え方を聞いて、
自分のセルフイメージを高め、
人生に変化を起こすためにも、
ぜひくり返し聞いてみることをオススメします。

行動しなければ、人生は今のまま変わりません。

うつ病も同じです。
治そうとする意思が、うつ病を治す原動力になり、
実際に治療に役立つ行動をすることで、
うつ病は改善していきます。

うつでやる気がなくなっている方もいらっしゃるとは思いますが、
音声で聞き流すだけなら、それほど負担にはならないと思います。

聞いてみて合わないと思えば、
それ以上聞かなければいいだけのことです。

しかし、行動してみることで、
あなたの中で、何か変化が起きるかもしれません。

良くなるきっかけになるかもしれないことは、
とりあえず全部試してみるぐらいの気持ちで、
うつに立ち向かって行く気持ちが
うつ病改善には、とても大切です。

以下のリンク先のフォームよりメールアドレスを入力し、
ダウンロードボタンを押すだけで、
うつを改善するきっかけがつかめるかもしれません。

入力したメールアドレス宛に、
音声のダウンロードURLが送られてきます。

ダイナミックな人生を生きる方法(無料)(終了しました)

あなたの人生を変えるきっかけになれば幸いです。

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ