うつ病の予防法~柔軟な考え方をするには

真面目で几帳面な人はうつ病になりやすい、
とはよく言われていることです。

うつ病になりやすい人は、
うつ病に陥りやすい思考のパターンにはまり込み、
なかなか抜け出せないでいます。

うつ病を予防するには、一つの考え方に固執せずに、
柔軟な思考を持つことが大切です。

しかし、簡単に考え方を変えられるのなら、
そもそもうつ病になどなってはいません。

Sponsored Link

ですから、「何とかして考え方を変えよう」と焦ったり、
考え方を変えるにはこの方法しかない」などと
決め付けてはいけません。

考え方を変えるのは簡単ではないからこそ、
ゆっくりと変えて行くというスタンスで取り組みましょう。

うまくいかなければ、別の方法を試すぐらいの
軽いスタンスで、以下の方法を試してみてください。

(関連記事)
>>なんとなくやってみる~なかなか行動できない人へ

普段の自分だったら絶対にやらないことをやってみる

「普段の自分だったら絶対にやらないことをやってみる」。

上記のように書くと大袈裟に感じる
かもしれませんが、なんのことはありません。

要するに、「小さなことでも良いので
いつもと違うことをやってみよう」
ということです。

いつも右の道を通っているから、今日は左の道を通ろう、
とか、いつもコーラを飲んでいるなら今日はお茶を飲もう、など
何でも良いのでいつもと違う行動をとってみましょう。

そのような行動をとることで、
いつのまにか自分と違うものを受け入れる柔軟性が芽生え
うつになりにくい方向に進んでいくかもしれません。

完璧主義はやめる

完璧主義に陥りそうになったら、
「もしできなかったらどうなるか?」
自分に問いかけてみてください。

大体において、失敗したとしても
大した問題ではないことに気づくはずです。

また、周囲の人も自分が思うほどには
完璧さを求めてはいない
ものです。

目標を少し下げてみる

ストレスは目標(理想)と現実のギャップから
生まれてくるものです。

うつ病になりやすい人は、「頑張り屋」が多いので、
普通の人より目標や理想を高いところに設定してしまいがちです。

目標を少し下げることで、
達成率も上がり、モチベーションアップに
つながるかもしれません。

身体を柔軟にする

以前、伝説の麻雀士がラジオにゲスト出演した時、
「体が硬い奴はダメだ」と言っていました。

どういうことかと聞いていると、
「体の柔らかい人は考え方も柔軟なので上達が速い」
という意味だということがわかりました。

この方は、以前格闘技のトップアスリートと
対談したことがあるそうで、
「そのアスリートも同じようなことを言っていた」
と話していました。

何かを極めた人達が言っていることなので、
確かにそういうこともあるのかもしれません。

無理にうつを治そうと思わない

「うつを治さなければいけない」と考えれば考えるほど
深みにはまっていくものです。

強引に治そうとは思わずに、
一生うつと付き合っていく、共生していく、
ぐらいに考えてみてはどうでしょうか。

そのほうが、うつを受け止めるのもラクになるでしょうし、
焦らずゆっくりと考え方を改善するゆとりも
生まれてくることでしょう。

アルコールや薬に頼りすぎない

何事もほどほどが肝心です。

「それがないとダメだ」と考えるのは、
頼りすぎ、依存のしすぎです。

解決策は、その気になりさえすれば、
いくらでも見つかるものです。

気分の転換、思考の転換などで柔軟に対処していきましょう。

自分でどうにもならないときは、アルコール薬に頼るのではなく
専門医や信頼できる身内や友人・知人に頼るようにしましょう。

以上、考え方を柔軟にする方法として6つ挙げてみました。
これらの方法は人によって合う人もいれば、
合わない人もいることでしょう。

どれが正しいというわけではありませんので、
できそうなものから試してみてはいかがでしょうか。

もし考え方や価値観を体系的に修正していきたい
とお考えの方は認知療法を学んでみてはいかがでしょうか。

認知療法はうつ病の予防や再発防止にも効果があります。

ちなみに、考え方を変える教材としてお勧めなのは、
プチ認知療法」と「自己メンタルセラピー講座」です。

両者の詳しい違いについては、
こちらの記事をご覧ください。

>>プチ認知療法 vs 自己メンタルセラピー講座 どっちがいいの?

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ