うつ病の人への接し方 メールを送っても大丈夫?

うつ病の人と接する時に「どのように接すれば
良いのかわからない」という人が多いようです。

相手はうつ病なので、こちらの不用意な発言にも
傷つきやすくなっていると考えて、どう声をかけて
良いのかわからないという心境なのでしょう。

ましてや、うつ病で自殺をする人が多いということを
聞いてしまうと、なおさら声をかけづらくなると思います。

しかし、うつ病で家に閉じこもっている時に、
誰からも連絡がなかったら、なおさら孤独を感じ、
うつが悪化してしまうこともあります。

Sponsored Link

症状がひどい時には、電話に出るのは苦痛を伴うことも
ありますから、簡単な内容の、返事を返しやすい、
もしくは、返事をしなくても良いようなメールなどが
うつ病の人にとっては、一番ありがたいと思います。

気にかけてくれる人がいる、と分かると
大変嬉しいものです。

先ほども書いたように、孤独はうつ病の大敵です。

(関連記事)
>>うつ病の孤独感を克服する3つの方法

家族と同居している患者さんであれば
まだ良いのですが、一人暮らしをしている
うつ病患者さんで、休職している場合などは、
人と接する機会もほとんどなく、どんどん
自分の殻に閉じこもってしまう危険性もあります。

こうなると、精神的にもバランスを
保つことが難しくなってしまいます。

患者さんの負担にならないような方法で、
少しでも外部との接触は絶やさない方が良いでしょう。

その際に、やってはいけないことは「励ます」ことです。

(参考)>>うつ病患者への接し方~禁句

うつ病の人は、「励まし」や「アドバイス」、
「お説教」などは、全く求めていません。

ご自分の身に置き換えてみれば、
よくご理解いただけるのではないかと思います。

それをしてしまったが最後、うつ病の人は
あなたに心を閉ざしてしまいます。

色々なことが出来ない状態なのは、うつ病の人も
よくわかっていますし、それを一番歯がゆく
感じているのは、他ならぬうつ病患者さん本人です。

そんな時に「励まし」や「アドバイス」や「お説教」をされても、
「分かっているけど、出来ないから困っているんだ!」
という気持ちにさせてしまうだけでしょう。

前回もお伝えしたように、うつ病の人への接し方で、
一番大切なのは、相手を理解することです。

(前回の記事)>>うつ病の人の気持ちを理解する

「励まし」「アドバイス」「お説教」では、
相手の気持ちを全く理解していない、ということを
うつ病患者さんに伝えているに他なりません。

うつ病の人が何を求めているのか、
その気持ちを理解することから始めていきましょう。

患者さんの気持ちを正しく理解し、患者さんとの
強い信頼関係を結ぶにはこちらがお勧めです。

>>うつ病の家族への対応マニュアル【特典&レビュー】

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ