子どものピアノ発表会を見てきました

今日は子どものピアノ発表会を見に行ってきました。

いつの間にか子どももだいぶ成長しており、
こんなにピアノが弾けるようになっていたのか、
と驚いてしまいました。

音楽はなんとなく落ち着いた気持ちになれるので
いいものですね。

私は家でそんなに音楽を聞かないのですが、
生の演奏を聞いて心が癒されました。

他の音楽教室と合同の発表会だったので、
ピアノ以外にも、バイオリンやチェロ、
フルートなどいろんな音色が聞けて
豊かな時間を過ごすことができました。

妻がピアノを弾くので、子どもにも習わせたのですが
子どももピアノが好きなようで良かったです。

特に強制しなくても、自分から練習しているので
昔ピアノの通信教育で挫折した私としては
すごいなぁと感心しています。

今はまだ素直にピアノに向かっていますが、
思春期になっても続けているのかなぁ。。。

ところで、音楽は「音楽療法」といって、
うつ病改善の立派な治療法の一つとして用いられています。
ストレス解消法として用いている方も多いのではないでしょうか。

以前もこのブログの中で音楽療法について
少し紹介したことがありますが、(「その他の精神療法」参照)
ご自分の好きな音楽を聞くことで十分な安静効果が得られるなら、
特にジャンルにこだわる必要はありません。

ただ、あまり激しすぎる音楽は、交感神経が活性化してしまうので
リラクゼーション効果は得られないようです。

音楽を効く際に、音が自然に広がるスピーカーを選ぶと
長時間聞いていても耳や脳が疲れなくて良いようです。

精神科医の本田昌毅先生という方の会社から
「ドクタースリーのスピーカー」という360度全方向に
音を飛ばすスピーカーが販売されています。

パソコンの横に置けるほどの小型サイズなので
持ち運びにも便利です。(iPhoneやiPod向け製品もあるようです)

見ていたらちょっと欲しくなってしまいました。

精神科医・本田昌毅先生監修の「うつ改善総合プログラム」には、
音楽療法も含め、様々な治療法が収録されています。

自分に合った治療法を探したい方におすすめです。

うつ改善総合プログラム 詳しいレビューはこちら

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ