失敗しない病院選び~精神療法の重要性~

うつ病で病院へ行く場合には、
薬物療法だけでなく、精神療法も
行なっている病院がおすすめです。

今回は、病院を選ぶ際の
注意点などをまとめてみました。

私がこのサイトを立ち上げたのは、
自分の記録のためとか、なんとなくという気持ちも
強かったのですが、だんだんとうつ病で苦しんでいる人を
助けたいという思いも強くなってきました。

(関連記事)
>>なんとなくやってみる~なかなか行動できない人へ

うつ病治療をしていく上で、まずは生活費等お金の問題を解決し、
何の心配もなく休養をとることができるように、
自立支援医療や傷病手当金、精神障害者保健福祉手帳などの
補助金や保護制度をご紹介してきました。

傷病手当金で生活費を確保しながら休職し、
自立支援医療を利用して、心療内科やクリニックで
安く治療を受けることをおすすめしています。

そこから、スムーズにうつ病の克服にまで至れば問題はないのですが、
病院へ行っても診療時間をあまり割かずに薬だけ出して終わり
という医師が多いのもよく耳にします。

まず、そのような医師は信頼できないと思いますので、
薬の話しかしない医師は選ばない方が良いでしょう。

>>心療内科・精神科が話を聞いてくれない~5分診療の真実とは?

薬物療法は、うつの症状がひどい初期や、重症のうつには有効だと思いますが、
根本的なうつ病の克服にはあまり効果はないと思っています。

言い方は悪いですが、薬は所詮対症療法に過ぎず、再発防止なども含め、
うつ病を根本的に克服するには、体の中から改善する「食事療法」
考え方を変えていく認知療法などの「精神療法」が必要だと実感しています。

さらに、やたらと薬をたくさん出す医師にも注意が必要です。

同じ系統の薬、たとえば抗うつ薬を2種類以上
処方する医師もいるようですが、同じ種類の薬を
複数飲んでも現時点では、効果が確認されていないそうです。

大量の薬は強い副作用の危険性がありますし、
副作用とうつ症状の区別もつかなくなってしまいます。

(参考)>>うつ病の薬は飲みたくない!~10年以上治らないあなたへ

私が最後に通っていた病院では、デイケア運動療法食事療法
認知療法など、さまざまな「精神療法」その他の治療法を取り入れつつ、
うつ病の改善に務めていましたが、以前通っていたメンタルクリニックでは
5分ほど問診をして薬を出して終わり、という診察でした。

これでは治るとは思えずに、途中で病院へ行くのを
やめてしまったという苦い経験があります。

薬物療法だけでなく、精神療法も行っている病院を選ぶことが
失敗しない病院選びのポイントかもしれません。

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ