寿美花代~夫・高島忠夫のうつを家族で支え続けた15年

今年の6月ごろに、テレビで高島ファミリーを取材した特別番組がありました。
9月には徹子の部屋に高島忠夫さんの妻・寿美花代さんがゲスト出演していました。

両番組を通して改めて痛感した、
うつ病患者さんを支える家族の大変さについてまとめておきます。

うつ病を患い、数多くの番組を降板

人気司会者として多くの番組に出演していた高島忠夫さんが
うつ病を患い、全ての番組を降板して闘病生活に入ったのが
15年前のことです。

高島さんがうつ病になったきっかけの一つとして、
49年前の事件について取り上げていました。

高島夫妻には、現在俳優として活躍中の
高嶋政宏さんと高嶋政伸さんのご兄弟が生まれる前に、
道夫さんという長男が生まれていました。

Sponsored Link

道夫さんが生後5ヶ月の時に、
お手伝いとして雇われていた17歳の少女に
殺害されてしまいました。

お手伝いの少女は、高島夫妻の大ファンで
殺害の動機は赤ん坊に対する嫉妬心だということでした。

夫妻は思い出すのがあまりにも辛いため、
事件以降49年間、夫婦で赤ちゃんの話をしたことは
一度もなかったそうです。

忠夫さんは、仕事に没頭することで
現実の辛さを忘れようとしていました。

そして、無理を続けた結果、
代償としてうつ病を患ってしまいました。

当時出演していた全ての番組を降板し、
家族を巻き込んだ闘病生活が始まりました。

家族すべてを引き込む“底なし沼”

仕事を続けながら看病をしていた寿美花代さんですが、
介護の辛さから、精神的にかなり不安定な状態だったようです。

ある日、高嶋政宏さんが大切にしていたクリスタルの亀の置物を
寿美さんが掃除中に落として壊してしまいました。

政宏さんは別にとがめるつもりはなかったのですが、
亀の足が曲がっていたので、「足を曲げたの?」と
何気なく聞いたそうです。

すると、寿美さんは取り乱したように、
「亀の足がとれたから接着剤でつけたんだ。
私はいいと思ってやったんだ。お兄ちゃんに怒られると思ったからやったんだ。」
と号泣してしまったそうです。

毎日このようなことが続き、
家の中は何ヶ月も重苦しい空気で覆われていたそうです。

当時の寿美さんの日記にも、
「家族全員忙しいのはわかっているが、みんなが私の肩にのしかかりっぱなし。
全ての事少しは手分けできれば。」
「忠夫とは、一日話はほとんどしません。私の人生楽しくなかった!です。」
と書きつづられていました。

当時は、家族の中で、誰がうつで誰がまともか
わからないような状況だったそうです。

政伸さんは、当時の忠夫さんのことをこう振り返っていました。
「パパは周り全てを引き込んでいく底なし沼だった」

うつ病の周囲の人自身にもケアは必要」の記事でも
書いているように、支えている人自身がうつに
なってしまわないように気を付ける必要があります。

センス・オブ・ユーモアの精神が大切

そんな大変な状態の時に、追い打ちをかけるように
忠夫さんのお母さんが亡くなります。

寿美さんは、主治医の先生から、
「病気が悪化するので、忠夫さんに言ってはいけない」と言われていました。

忠夫さんがお母さんのことを考えないように、
母の日が近づいてくると、新聞に入ってくる母の日関連のチラシや記事を
すべて取り除いたそうです。

テレビ番組で、母という言葉が出てきたら
すぐにチャンネルを変えるということもしていました。

そんな状態のときに、ふと我に返った寿美さんは、
政伸さんに「これ、喜劇やな」と言って、
二人で笑ってしまったそうです。

この時、政伸さんは「センス・オブ・ユーモア」、
辛いことを笑いに変えることはすごく大事なことだと感じたそうです。

それ以降、無理にでも笑顔を作ろうとしなければ、
全員が闇に飲み込まれてしまうと思い、
家族一丸となってうつに立ち向かってきたそうです。

そのかいあって、忠夫さんのうつの症状は
大部良くなっているようです。

他にも心臓病やパーキンソン病、糖尿病なども併発し、
年齢的な衰えもあるため、完全に元気とは言えないかもしれませんが、
うつ病に関して言えば、家族の献身的な支えのおかげで
確実に回復しているようでした。

うつ病患者さんと一番長い時間を過ごしているのは家族です。

正しい対応をすれば、うつ病は改善に向かいますが、
間違った対応を続けると、症状の悪化を招いてしまいます。

もし、家族にうつ病患者さんがいて、
「どう対応すればいいかわからない」、
「寿美さんのように介護うつになりかかっている」
という場合には、こちらの教材をお役立てください。

>>うつ病の家族への対応マニュアル レビュー

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ