こころの青汁「マインドガードDX」を購入してみました

「マインドガードDX」というドリンクタイプのサプリメントを購入してみました。
さっそく詳しいレビューを書いていこうと思います。

マインドガードDXには、次のような特徴があります。

  • ストレスによるイライラを和らげ、良質な睡眠がとれる
  • 安心感に深く関わる「セロトニン」の原料を手軽に補給
  • 「心の健康」を保つ上で摂取したい153種類もの豊富な栄養素
  • 体内に吸収しやすいドリンクタイプ
  • 質の良い天然由来の成分を使用しているので妊娠・授乳中のお体にも安心

気分や意欲の改善に深い関係があるといわれているセロトニン
うつ病の本などを読むと必ず出てきます。

「マインドガードDX」は、このセロトニンの原料となっている栄養素を多く含み、
毎日とり続けることで「こころの健康」を保てるようになります。

こだわり抜いた品質、徹底した安全性の確保など、
体に入れるものだからこそ高品質なものを
という方はお試しになられてもいいかもしれません。

Sponsored Link

以下、詳しく見ていきます。

マインドガードDXを注文してから届くまで

ネットで注文してから2日後にコンパクトな箱が届きました。
2日かかったのはお店が福岡にあり、私の家からは遠いためです。

到着

中身を確認してみると、折り鶴付きの挨拶文という演出から始まり、
お客様の声などの冊子やチラシなどが入っています。

おまけの冊子

マインドガードDXのパッケージはこんな感じです。
森林をイメージさせる、グリーンを基調としたデザインです。

パッケージ

パッケージの中には、瓶入りのマインドガードDXと計量カップが入っています。

本商品 計量カップ

マインドガードDXの詳細内容

価格

商品価格は税込9,075円+送料630円ですが、
初回のみ25%OFFのお試し価格で送料も無料です。
初回にかかるお金は1本6,810円(税込)です。

2回目以降は、通常コースと定期コースに分かれて、
定期コースのほうが割引率が高いです。(通常コースでも割引されます)

内容量

1本の量は500mlです。
飲む量は一日あたり15~30mlを目安に飲んでくださいとのこと。
一日15mgぐらいずつ飲み続けると、
大体1ヶ月ぐらいで飲み終わる計算です。

原材料

・モリンダシトリフォリア(ノニ果汁)
・イヌリン(食物繊維)
・エリスリトール
・クワンソウエキス
・香酢末(米酢、デキストリン)
・ギャバ
・ブドウ抽出物(トランスレスベラトロール含有)
・グリシン
・ビタミンC
・クエン酸
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンB12

ニオイ

人によってはちょっとクセがあるようです。
私は特に気になりませんでしたが、妻は少し気になったようです。

色はこのような感じです。

DX_006

少し白濁した茶色というところでしょうか。

ポリフェノールが入っているので、ブドウっぽさを感じます。
少し黒酢に似たような味だとも感じました。

マインドガードDXを色んなもので割ってみました

さて、このマインドガードDXを買おうと思った時に、
一番気になっていたのが「味」でした。

「こころの青汁」というキャッチコピーがついていたので、
青汁のような味がするのかと思っていましたが、
公式ページには「おいしさにこだわった」とも書いてあります。

実際はどうなのかと思い、レビューを色々と調べてみましたら、
大体はおいしいという評価の中、一つだけ「まずい」と書いてあるものがありました。

まずくて飲めないのでは困ると思い、少しでも美味しく飲もうと考えて、
他の飲み物で割る準備をしておきました。

割る飲み物は、以下の3つで実験することにしました。
・ピルクル
・100%りんごジュース
・牛乳(低脂肪乳)

下の写真はそれぞれの容器にマインドガードDXと
割る飲み物を1:1の割合で入れ、かき混ぜたものです。

割り比べ

飲みやすさランキング

私、妻、子ども(小学校1年生)の3人で飲んでみた結果です。

1位:りんごジュース割り
2位:ストレート
3位:ピルクル割り
4位:牛乳割り

りんごジュース割りは、ほとんどりんごジュースの味のままでした。
飲みやすさで言えば一番と言えるでしょう。
他にも野菜ジュースなどは合いそうだと感じました。

意外にもストレートが2位でした。
私個人的には、そのままでもけっこうおいしいと感じました。

ピルクルは、まぁこんな感じかなという味でした。
甘いので飲みやすいといえば飲みやすいかもしれませんが、
個人的にはあまり好きな味ではありませんでした。

牛乳割りは、妻が牛乳嫌いなので4位に。
見た目はコーヒー牛乳っぽいのですが、なんとも微妙な味でした。
あまりおいしくありません。

そのままではちょっとクセが気になる、という人には
りんごジュースや野菜ジュースなどの100%ジュース系で割って飲むのが良さそうです。

マインドガードDXの注目ポイントについて

わたしが注目したのは153種類の栄養素についてです。

安心感をコントロールするセロトニンの原料「トリプトファン」、
意欲に深く関係するノルアドレナリンの原料「フェニルアラニン」、
憂うつな気分の改善に即効性があると言われる「メチオニン」、
妊婦にも良いと言われ、不安の軽減に利用される「葉酸」、
「ビタミンB群」はストレスを減らし、精神状態の改善をサポートしてくれます。

他に亜鉛、マグネシウム、カリウムなどの「ミネラル」は
少なくなると憂うつな気分を引き起こすと言われていますので、
摂取しておきたい成分です。

153種類も栄養素が含まれているので説明はこれぐらいにしておきますが、
「うつ病の本などを読んでいると、ぜひ摂取しておきたい
と書かれている栄養素が数多く含まれている」
という印象を受けました。

安全性について

体の中に入れるものですから、安全性も大切なポイントです。
今回は、外部の機関からのお墨付きを受けているかどうかが判断の目安になりました。

マインドガードDXについては、
●国際標準化機構である「ISO9001」を取得した国内工場で生産している
専門の検査機関(財団法人日本分析センター)で原料検査をしている

という2つの基準をクリアしていたので、商品を買うときに不安はありませんでした。

気になる副作用ですが、天然自然の素材を使用しているので副作用はありません。

薬との併用も問題ないと書いてありますが、
抗うつ薬などを服用中の方は、念のため医師に確認したほうが無難と言えるでしょう。

マインドガードDXのデメリットは?

マインドガードDXに含まれている栄養素の豊富さや
品質へのこだわりの高さを考えますと、
1本9,075円という金額は妥当なのかなとも思いますが、
メンタルサプリの中でも高額な部類に入るので、
やはりやや高いという印象は否めません。

初回のみ6,810円という価格設定は、
最初のハードルを低くして試しやすくなっていますが、
継続する際には毎月1万円近くかかってしまいます。

薬ではないので副作用や中毒性こそないと
言われていますが、実際に試された人の中には、

「飲まないと眠れなくなってしまうので
やめられなくなる。結局は薬と同じなのでは?」

という意見もありました。

中毒性は無いといっても、毎日飲み続けていれば、
心理的に依存してしまう気持ちもわからないではありません。
依存してしまうと、常に不安から逃れられなくなります。

この辺のデメリットをお考えの上、
一度試してみるのであれば良いのかもしれません。

私の場合は、毎月一万円を払い続けるのは
正直厳しいので、一回試しただけで終わりにしました。

個人的には、マインドガードDXを飲むのであれば、
「荒木式うつ病改善プログラム」の方が、
お財布にもやさしく、得られる効果も高いと感じています。

一般的な食材を使った食事療法なので、
継続しても通常の食事代以上にはかかりませんし、
副作用や中毒性もなく、睡眠障害やうつ病が改善していきます。

・夜なかなか寝つけない(昼夜逆転してしまう)
・眠ってもすぐに目覚めてしまう
・ストレスによるイライラをなんとかしたい!
・妊娠中、授乳中なので赤ちゃんの体に害のない治療法を探している

そんなお悩みをお持ちのあなたには、
荒木式うつ病改善プログラムをオススメします。

>>荒木式うつ病改善プログラム【特典&レビュー】

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ