認知療法が注目されてきた背景

認知療法が注目された背景をお話するために、
まずはうつ病に効く薬が開発された背景からお話します。

うつ病に効く薬が発見されたのは、
2つのまったくの偶然からでした。

1つ目の偶然は、レセルピンという
高血圧を抑える薬を使っていた時のことです。

この薬を使うと、うつ状態になったり、
自殺したりする人が増えました。

調べてみると、レセルピンを飲んだ患者さんは、
脳内のセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンが
減少していることが分かりました。

Sponsored Link

2つ目の偶然は、結核の薬・イプロニアジド
使っていた時のことです。

イプロニアジドを飲んだ患者さんは、
歓喜に満ちた気分になることが分かりました。

この効果に注目した医師が、
うつ病患者さんにイプロニアジドを処方してみました。

すると、劇的な効果を得ることができました。

研究の結果、イプロニアジドには、
脳内のセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンを
増やす作用があることが分かりました。

レセルピンとイプロニアジドという薬の使用によって、
うつ病の原因がセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの
脳内伝達物質であることが判明しました。

そこから、様々な種類の薬が開発されるに至ったのです。
(参考)>>うつ病 薬の種類

しかし、薬にも様々な問題点が現れてきました。
・副作用
・再発率の高さ
・次第に効かなくなる

(参考)
>>うつ病の薬は飲みたくない!~10年以上治らないあなたへ
>>抗うつ剤は効かないのか?
>>うつ病が再発する原因は?

そして、これらの問題点を解決する治療法として、
認知療法が脚光を浴び始めたというわけです。

DVDで学ぶ「新しい認知療法」の詳しいレビューはこちらから。
>>うつ病になりにくい考え方を身につける「プチ認知療法」

その他の治療法はこちらをご覧ください。
>>おすすめうつ病教材ランキング

≫(5)「自己評価が異様に低い日本人」へ続く

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ