感情は過去の体験イメージでほぼ決まる

認知療法は、考え方を変えることで、
結果的に「感情」や「気分」を変える訓練法です。

では「感情」や「気分」を生み出すメカニズム
どのようになっているのでしょうか。

感情は、の中の“扁桃”という部分が司っています。

今まであなたが見たものや聴いたものについて、
感じた「気分」や「感情」は、この“扁桃”に記憶されています。

(関連記事)
>>うつ病の原因は扁桃体にあった~恐怖による暴走とストレスホルモンの関係

Sponsored Link

例えば、あなたは過去にAという人物に意地悪をされたとします。

その時に、あなたはAという人物に対して、
とても嫌なイメージを持ちました。

それから年月が過ぎ、Bという人物と知り合いになりました。

あなたは、Bという人物に初めて会ったとき、
「なんとなく嫌だな」という感情を持ちました。

それは、Bという人物が、昔いじわるをされた
Aという人物にどことなく似ていたからです。

しかし、あなたはAという人物のことは、すでに忘れていました。
では、なぜBという人物に対して嫌な感情を抱いたのでしょうか。

それは、昔いじわるをされた時の「感情」が、
“扁桃”に記憶されたまま残っていたからです。

このように、その時に見たり聴いたりした「外界からの刺激」と、
「扁桃に残った過去の感情の記憶」との折り合いで判断され、
感情や気分が生まれてくるのです。

認知療法とは、「感情」を生み出す
脳のメカニズムをうまく利用した治療法です。

つまり、新しい「考え方」に基づいて、
扁桃に残っているイメージを書き換え
感情を変えようとする方法が認知療法なのです。

感情を変えるには、こちらの記事も参考になります。
>>「自分に優しくする」という本当の意味
>>うつ病 薬を使わない治療法~「体から治す」という考え方

無理なく「うつになりにくい考え方」を
身につけたい方は以下の2つの教材がお勧めです。

>>プチ認知療法【特典&レビュー】
>>自己メンタルセラピー講座【特典】

●両教材の詳しい違いはこちら
>>プチ認知療法 vs 自己メンタルセラピー講座 どっちがいいの?

≫(4)「認知療法が注目されてきた背景」へ続く

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ