うつ病と睡眠障害

うつ病の症状として最も多いものが「睡眠障害」です。

寝つきが悪い「入眠障害」、夜中に目が覚めてしまう「早朝覚醒」
熟睡できない「熟眠障害」、睡眠中に何度も目を覚ましてしまう「途中覚醒」
などに分類できる『不眠症』

それから、日中、異常に強い眠気が起きる『過眠症』などが
うつ病に伴う睡眠障害です。

その中でとりわけうつ病患者に多いのが「早朝覚醒」の症状です。

では、どのように睡眠障害が起こるのか見ていきましょう。

Sponsored Link

レム睡眠とかノンレム睡眠とかは意味は詳しく知らなくても、
言葉自体は聞いたことがあると思います。

簡単に言うと、「レム睡眠=眠りの浅い状態」
「ノンレム睡眠=眠りの深い状態」です。

健康な人は、まず眠りの深い「ノンレム睡眠」が現れて、
その後「レム睡眠」→「ノンレム睡眠」という状態が繰り返し現れます。

うつ病の人は健康な人と違い、
眠りにつくとまず眠りの浅い「レム睡眠」が先に現れてしまいます。

そのために、睡眠のリズムが狂って睡眠障害に陥ってしまうのです。

睡眠のリズムが狂うことによって、
体温やホルモンのバランスまで崩れてしまう
ので、
睡眠障害以外にも、様々な身体の異常が現れてきます。

グッスリ眠って不調を撃退!~睡眠ホルモンを正しく出す方法とは?

不眠状態が長く続くと、仕事や勉強の能率が落ち、
ケアレスミスも多くなります。

また、食欲もなくなり、体重も減り、
顔色も悪くなっていくという負の連鎖に陥ってしまいます。

わたしも長く睡眠障害に悩まされていましたが、
このブログでもオススメしている“食事療法”をきっかけに
寝つきも良くなり、睡眠の質も改善しました。

わたしが実践した食事療法は「荒木式 うつ病改善プログラム」です。
睡眠障害が改善されていく様子を書いていますので、
良かったら読んでみてください。


「荒木式うつ病改善プログラム」実践してみた感想はコチラ

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ