一般的な精神療法の種類

精神療法にもいろいろな種類がありますが、
広く行われている精神療法としては「支持的精神療法」や
「認知療法」「対人関係療法」などがあります。

支持的精神療法

支持的精神療法と言っても、特別なものではありません。

医師が患者の考えや悩みなどをよく聞き、理解し
支持することで患者の負担を軽くさせ、
心の回復を促していく治療法です。

支持的精神療法は精神療法の中では最も基本的なもので、
医師の患者に対する働きかけのすべてが
支持的精神療法とも言い変えることができるでしょう。

Sponsored Link

認知療法

認知療法とは、患者の歪められた考え方を
正しい方向へ修正してゆく治療法です。

うつ病にかかると自分のマイナス面ばかり考えてしまう
ことが多くなったり、こうする以外ない!などと
考え方が非常に狭くなっていたりします。

うつ病になる原因は、この歪められた考え方、
つまり「認知の歪み」であるとされています。

まずは今の自分が「認知の歪み」に支配されていることに気づき、
別のもっと前向きな考え方に修正していくのが認知療法です。

認知の歪みの例としては、何か失敗するとそれですべてが
ダメだと思ってしまう「白か黒かの考え方」、
他人は自分のことをこう思っていると勝手に憶測してしまう
「結論の飛躍」などが挙げられます。

(参考)>>認知の歪みをチェックしましょう

認知療法はとても有効な方法ですが、考え方を変えるのは
難しいので、途中で挫折してしまう方も多いのが現状です。

当ブログでは、認知療法の弱点を解消した
「プチ認知療法」をオススメしています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
プチ認知療法の本音レビュー

対人関係療法

対人関係療法とは、親子、同僚、上司、恋人などの
人間関係に焦点を当て、改善していく治療法です。

患者が今かかえている対人関係の問題について医師と話し合い、
改善策などを考えていくものとなります。

心理学者のアドラーは、
「全ての問題は人間関係から生じる」
と言いました。

確かに、地球上に自分一人きりであれば、
うつ病になることもなかったかもしれません。

しかし、人間は社会的動物です。

人間関係によって傷つくことも多いですが、
人間関係がうまくいけば幸福感を味わうこともできます。

人間関係にお悩みの方は、こちらの教材がお勧めです。
>>宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

一般的な精神療法としては以上のように、
「支持的精神療法」「認知療法」「対人関係療法」が
代表的と言えるでしょう。

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ