時には自分に優しくしてあげましょう

先日、読者の方から傷病手当金について質問があったのですが、
やはり休職や退職というのは、実際に決断する時には
かなり覚悟がいるもので、その方も躊躇(ちゅうちょ)
していらっしゃるようでした。

もちろん、働けるのであれば、働くに越したことはありません。
なるべくなら、現在の環境に「逃げずに立ち向かう」
という姿勢は大切です。

しかし、本人の意思では「どうにもならない状況」
というのは必ずあります。

そういう時のために「傷病手当金」という制度はあるのです。

どうしても働けないのであれば、一時的に逃げることも
必要な時もあるのではないかな、と個人的には思っています。

Sponsored Link

そして、体制を立て直せば、また少し世の中や自分に対する
見え方も変わってくると思います。

そのまま働き続けるのが正解なのか、一旦休むのが正解なのか、
退職してしまうのが正解なのか、その他の方法が正解なのか…。

何が正解なのかは、選択する時には分かるはずがありません。

その人が自分(あるいは家族)で考え、
導き出した結論であれば、どれであれ正解なのでしょう。

たとえ、後で失敗したと感じたとしても、
そこから軌道修正して、自分が正解と思う方へ
進んでいけば、それは失敗とは言えません。

現実に体が悲鳴をあげてしまったのは、
あなたが自分を酷使しすぎた結果です。

頑張るのも必要なことですが、頑張りすぎて
体が悲鳴を上げてしまったときは、「もう頑張らなくて
いいんだよ」と自分に言ってあげることも、
時には必要なのではないでしょうか。

(関連記事)
>>自分を大切にする
>>「自分に優しくする」という本当の意味

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ