抗うつ薬の服用時に注意すべき2つのこと

うつ病の薬を飲んでいる時に、注意しなければいけないのは
勝手に服用をやめてしまわないことです。

なかなか薬の効果が現れなかったり、薬の副作用がつらい時には
薬を服用するのをやめてしまいたくなると思います。

しかし、薬の服用をやめるとかえってうつ病を長引かせたり、
悪化させてしまう
ということが起こります。

また、反対にうつ病の症状が改善されたりして、
もう治ったと思ってしまい、薬を飲むのをやめてしまうという
過ちを犯してしまいがちです。

Sponsored Link

医師から服用の指示がある間は、しっかり薬を飲み続け、
どんな副作用があったか、症状がどのように改善したかなどを
その都度医師に報告しましょう。

もう一つ、抗うつ薬を飲む際に注意することがあります。

それは、抗うつ薬を使用してはいけない場合があるということです。

緑内障や前立腺肥大症、心筋梗塞回復期の方は抗うつ薬を使用すると
症状が悪化することがあります。

妊娠中や授乳中の方や、パーキンソン病の患者さんも
同様に抗うつ薬を使用してはいけません。

また、常用している薬によっては
抗うつ薬との飲み合わせにより、身体に悪影響を及ぼすことがあります。

抗うつ薬の処方を受ける場合には、医師に現在自分が飲んでいる薬を伝え、
適切な処方をしてもらうようにしましょう。

薬局でもらうお薬手帳には、処方されている薬が記入されているので
治療を受ける際には忘れずに持って行くと良いでしょう。

先日、「みんなの家庭の医学」という番組で
お薬手帳のことを扱っていましたが、
お薬手帳の存在すら知らなかったという人もいたのには驚きました。

飲み合わせが悪くて重大な病気に発展することもありますので、
薬の服用には注意が必要ですね。

そうはいっても「いつまでも薬を飲み続けたくはない」
「できれば薬などは飲みたくない
と考えている方も多いことでしょう。

将来的に薬を飲まなくてもすむようにするには、
「薬に頼る必要のない体」を手に入れる必要があります。

これは「根本的にうつ病を治す」ことにもつながりますので、
現在薬を飲んでいらっしゃる人も、薬物療法と併せて
実践してみると良いかもしれません。

私が試した中で効果を感じられた方法は
荒木式断糖食という食事療法でした。

うつ病になりにくい体」を作るには、どんなものを食べたら良いのか、
またどんなものを食べてはいけないのか、国内や海外の様々な研究結果に
裏付けられたしっかりとした理論には強い説得力を感じます。

体からうつ病になりにくくするには、
上記の「荒木式うつ病改善プログラム」と
2ヶ月間うつ病改善プログラム」がオススメです。

両者の違いを詳しく知りたい方は、
こちらの記事をご覧ください。

>>荒木式と2ヶ月間 うつ病改善プログラムを比較してみた

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ