ゲームでうつ病の治療ができる!?

日本では10代後半から30代前半のうつ病患者が3年間で
1.5倍に増加したそうです。

そんな若年層のうつ病をゲームで治療するという研究が
ニュージーランドで進んでいるんだとか。
そのゲームの名前は「SPARX」。

ゲーム内容は認知行動療法を取り入れた
ファンタジーロールプレイングです。
プレーヤーが戦士となって火の玉でネガティブな考え方を吹き飛ばし、
悲観と絶望の沼から世界を救い出すというものです。

ゲームに取り入れられている「認知行動療法」とは、
簡単に言うとうつ病の原因となる
歪(ゆが)められた考え方のクセ」を客観的に認め、
考え方自体を変えるというものです。

Sponsored Link

うつ病がひどいときには薬物療法でまず症状を軽くしてから
認知行動療法などの精神療法に切り替えていくのが
うつ病の治療には効果的と言われています。

薬では考え方自体は変えることができないので
うつ病の再発防止には認知行動療法などの
精神療法をおこなう必要があります。

治療を受けたがらない患者などが、
ゲームで楽しく認知行動療法の考え方を
繰り返し訓練することは、非常に有意義なこと
なんじゃないかなと個人的には思いました。

ゲームは7つのステージに分かれており、
登場人物とコミュニケーションを取りながら
それぞれの課題をクリアしていくようです。

各ステージは35~40分ぐらいでクリアすることができ、
ちょうど1回のカウンセリングと同じぐらいの時間で終わるように
考えられているようです。

あまり複雑で長い時間がかかるようなロールプレイングだと
神経質で完璧主義の人が多いと言われるうつ病患者さんには
適さないと思うので、そのぐらいの時間でクリアできるのが
適当なのかもしれませんね。

あとは、ゲーム自体が面白いかどうかが鍵になるでしょう。

ゲーム画面を見た限りでは、あまり面白くはなさそうでしたが、
日本のゲーム会社が制作すれば面白くて治療の役に立つゲームが
開発されるのではないでしょうか。

若年性のうつ病が問題になっているので
ひょっとしたら売れるかもしれませんね。

記事内に出てきた認知療法のように、
うつになりにくい考え方を身に着けることで、
うつ病の改善や再発防止にも役立ちます。

うつになりにく考え方を身に着けるお勧め教材には、
プチ認知療法」と「自己メンタルセラピー講座」があります。

両者の詳しい違いについては、
こちらの記事をご覧ください。

>>プチ認知療法 vs 自己メンタルセラピー講座 どっちがいいの?

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ