相手を不快にさせず反対意見を言う4つの方法

前回は「自己重要感」についてお話しました。

相手の「自己重要感」を満たしてあげることが大切で、
基本的には相手の意見などは、なるべく
「否定しない方が良い」ということでしたね。

「相手の意見をなるべく否定しない」ことも大切ですが、
「自分自身をなるべく否定しない」ことも
うつ病を避ける上で重要な考え方です。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

>>「自分に優しくする」という本当の意味
>>THE MANZAI 華丸大吉の優勝コメントと自己嫌悪について

Sponsored Link

どうしても反対意見を言わないといけない時には?

さて、話を戻しますが、相手をなるべく
否定しないとは言っても、どうしても反対意見を
表明しなくてはいけない時も当然あると思います。

そんな時には、

「すぐに反対意見を言わない」
「強い口調で反対意見を言わない」

この2点をまずは心がけるようにしてください。

なるべく自分が反対意見を表明していると
相手に思われないようにすることがポイントです。

具体的には、以下の4パターンを参考にしてください。

(1)第三者の意見として反対意見を表明する

「たしかに良い意見だと思いますが、○○○(反対意見)と
 感じる人もいるのではないでしょうか?」

上記のように伝えることで、自分は反対ではない
けれど、否定的に感じる人もいるかもしれない、
というニュアンスが伝わると思います。

(2)時間をおいて反対意見を表明する

中心となる議論が終わった後に、
思い出したように、何気なく反対意見を言います。

白熱している議論の最中ではないので、相手が
反対意見を論破してやろうという意識も少なくなり、
反対意見を受け入れやすい状態になっています。

(3)反対意見を賛成意見で挟み込み、印象を薄くする

まず、できるだけ相手の意見に賛成できる点を表明します。

次に何気ない調子で反対意見を挙げ、
考慮に入れるべきではないかと伝えます。

最後に、もう一度賛成の意をなるべく多く表明します。

このパターンでは、まず賛成意見で相手の防御姿勢を
和らげ、反対意見を受け入れやすくしておきます。

そして、人は最後に聞いたことを記憶に残す
性質がありますので、最後に賛成意見を伝えることで、
賛成意見が反対意見よりも強く印象に残るようになります。

(4)最高の代案を用意する

どうしても相手の依頼を断らなければならない時には、
それに代わる案で、自分が考えられる最高のものを提案します。

たとえば、用事があってデートを断らなければならない時。

「その日は、○○があるので行けないんだ。ごめん…」
と伝えるだけでは足りません。

「その日は、○○があるので行けないんだ。
 代わりに前から行きたがってたレストランを
 ○日に予約しておくから、一緒に行かない?」

そう伝えられた彼女は、反対意見のことなど忘れて
却ってあなたに対する好意が深まることでしょう。

相手を不快にさせず反対意見を言う4つの方法、
いかがでしたでしょうか。

お互いに信頼関係が出来上がっているような間柄なら、
反対意見を表明しても問題はないでしょう。

しかし、そうでないなら、基本的に自分の意見を
否定されて喜ぶ人はあまりいません。(当たり前ですね)

どうしても反対意見を言わなければならない時には、
上の4つのパターンを使って、余計な衝突を
極力避けるようにしましょう。

普段から、苦手な相手に対してでも、
賛成できる所を探すように習慣づけていると、
人を否定的に捉えることも少なくなるでしょう。

この4つのパターンは、あなたがラクに
生きていく上で、とても役に立つ方法だと思います。
ぜひ日常生活で試してみてください。

考え方を変えれば、余計な衝突を起こさず、
今までよりも人生をラクに生きられます。

人生をラクに生きる考え方を知りたい方はこちらをどうぞ。
>>自己メンタルセラピー講座【本音レビュー】

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ