峠越え

大学時代に自転車ツーリングを始めた。

自転車と言っても、レーサースーツに身を包み、
ヘルメットをかぶった競輪選手が乗っているような、
細いタイヤのああいうカッコイイ奴じゃない。

タイヤの横に金具をつけて、サイドバッグと
呼ばれる荷物入れをとりつける。

サイドバッグの中には、着替えや替えのタイヤにチューブ、
シャンプーなどのお風呂道具など生活必需品を入れる。

後ろには荷台がついていて、そこにはテントや
中に敷く銀マット、シュラフ(寝袋)などを積んでいる。
自炊をする時には鍋やコンロを積むこともある。

Sponsored Link

前面にもバッグ(フロントバッグと呼ぶ)がついており、
ここには地図や財布などといったように
すぐに取り出す必要があるものを入れている。

全部合わせると結構な重量になる。
自転車はズッシリと重い。

着ている服もレーサースーツのような
カッコイイものではない。

ジャージにTシャツという泥くさい格好だ。
雨が降ったら雨ガッパを着て走り続ける。

こんな装備で何日も自転車旅行をするのが好きだった。

特に山が好きだった。

雄大な山に包まれていると、
それだけで安心するからかもしれない。

そんなわけで、よく峠を自転車で登っていた。

「ホントにこんな坂道を自転車で登れるのか?」

初めて登った時はそんな感想だったが、
一緒に走っていた先輩は休まずに
どんどん登って行ってしまう。

低い山なら30~40分ぐらいで峠にたどり着くが、
標高が2000メートルを超えてくると
1時間とか2時間とかずっと坂道をこぎつづけることになる。

初めての時はほとんど自転車を押しながら峠にたどり着いた。

しかし、苦労した甲斐あって、
峠からの景色はほんとに素晴らしいものだった。

その景色を見たいがために、またつらい坂道を
登ろうという気持ちになったのかもしれない。

何度も何度も登るうちに、
足腰も強くなってくるし、途中休まないで
こぎつづけるコツもわかってくる。

そうするとまた一段と峠越えが楽しくなってくる。

何よりも、峠を越えればまたあの景色が見れる。
心が解き放たれるような山の上からの絶景。

つらい坂道もあきらめずにペダルを
こぎ続けていれば必ず峠のてっぺんにたどり着く。

「あきらめさえしなければ。」

うつ病で辛かった時は、よく峠越えのことを思い出していた。

「いつかこの辛い症状にも終わりが来るはずだ。
 あきらめずに少しずつ進んでいけば、きっと。。。」

もちろん、そんなことすら考えられない時もあった。
そんな時は薬を飲んでなるべくゆっくり過ごして
やり過ごすしかない。

しかし、その期間が過ぎたら、
あなたもまた少しずつあきらめずに進み続けて欲しい。

「うつ病はきっと治るものだ」と信じて。

管理人の詳しい体験記はこちら
>>やじろべぇのうつ病克服体験談

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ