「うつ病の家族への対応マニュアル」教材の中身をチェック(3)

今回は「うつ病の家族への対応マニュアル」
教材内容のご紹介・第三回目です。

第二部 相手への勇気づけ(1)」では、
うつ病患者さんへの関わり方には、以下の
3種類があることをお伝えしました。

(A)安心できる場づくり
(B)こちらの気持ちの伝え方
(C)リフレーミング

今回ご紹介する「第三部 相手への勇気づけ(2)」では、
「(B)こちらの気持ちの伝え方」と「(C)リフレーミング」
について具体的に解説されています。

うつ病の家族への対応マニュアル 第三部表紙
↑第三部 相手への勇気づけ(2)

Sponsored Link

第一章 あなたの気持ちの伝え方

第二部では、相手の気持ちを理解するために、
効果的な「聞き方」を学んできました。

しかし、うつ病患者さんの愚痴や悩みを
聞いているだけでは、支えているあなたにも
ストレスが溜まってしまいます。

患者さんと共倒れにならないためにも、相手に
「して欲しくないこと」をきちんと伝える必要があります。

しかし、うつ病患者さんは、
病気のために非常に繊細になっています。

「伝え方」を間違えてしまうと、
さらに症状が悪化する危険性があります。

この章で、あなたの気持ちを正しく伝える方法を学び、
お互いのストレスを減らしていく方法がわかります。

第二章 手のさしのべ方

この章では「アドバイスをする場合」
「何かをしてあげたい場合」
2パターンについて解説しています。

あなたのお願いが相手から拒否された時の
具体的な対処法や、手をさしのべる時に
やってはいけないこと等についても解説されています。

相手に圧迫感や押しつけがましさを
感じさせず、受け入れてもらいやすいやり方
が、
とてもシンプルで実践しやすく解説されています。

第三章 リフレーミング

「リフレーミング」とは、「物事の
捉え方の枠組みを変える」
ということです。

マイナスに偏りがちな物の見方を、無理なく
プラスに捉えられるようにしていきます。

具体的な方法として、リフレーミングの基本3パターンと
信頼を損なわないための注意点を学びます。

やや難易度の高い技法ですが、
パターン分けして簡素化することで、
一般の人にも使いやすいよう配慮がなされています。

リフレーミングを利用することで、悲観的に
なりがちなうつ病患者さんの「考え方」を肯定的な考えへ、
自然に導いてあげることができるようになるでしょう。

第四章 あなたは大切

うつ病の家族への対応マニュアル 第三部中面

患者さんの周囲の人ができることは、相手に
「自分は大切な存在なんだ」と心の底から
信じさせ、自信を与えてあげることです。

「ほめる」ということも、もちろん大切
なのですが、そこには一つ大きな問題点があります。

教材ではその問題点とは何か、また「ほめる」
以上に効果的な2つの方法を解説しています。

うつ病患者さんとの関係のみならず、
全ての人間関係が好転していく方法がわかります。

社会復帰した後でも役に立つ良書

「第三部 相手への勇気づけ(2)」の内容は以上です。
いかがでしたでしょうか。

教材内容のボリュームが多いため、
三回に分けてお伝えしてきました。

この教材の素晴らしいところは、
普遍的なコミュニケーション技法
について書かれているところです。

「うつ病患者さん」と「サポートする人」という
関係のみならず、コミュニケーションをとる全ての人
に対して応用がききますので、周りの人間関係まで、
円滑になっていくことが実感できるでしょう。

もともと、うつ病患者さんは言いたいことを
うまく伝えることや、コミュニケーションを
とることが苦手な人が多いようです。

あなたの対応を見て、うつ病患者さんは
正しいコミュニケーションを学んでいくことが
できますし、患者さんがうつ病を克服した後で、
このマニュアルを読んでもらっても良いでしょう。

うつ病患者さんが社会へ復帰してから、
より良いコミュニケーションをとるための指南書
としてもご活用いただける良書です。

●教材のお申し込みはこちら
>>うつ病の家族への対応マニュアル 公式サイトへ

●管理人やじろべぇのさらに詳しい感想・評価はこちら
>>うつ病の家族への対応マニュアル【特典&レビュー】

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ