「うつ病の家族への対応マニュアル」とは

うつ病患者さんをサポートする方々も、
患者さんと同様、悩みはかなり深いようです。

「うつ病の人にどのように接すればよいかわからない」
「いくら親身に接しても一向に良くならないので落ち込む」

など、皆さん深刻な悩みを抱えておられました。

また「うつ病は伝染る(うつる)」と言われて
いるように、周囲の人々のエネルギーも奪っていき、
うつ状態にしてしまうことも、しばしば見受けられます。

間違った対応や余裕のない状況をそのままにしておけば、
うつ病患者さんの症状は、ますます悪くなっていくばかりです。

Sponsored Link

同時に、サポートしているあなたの精神も
どんどん病んでいってしまい、あなたも患者さんも
共倒れになってしまう危険性を孕んでいます。

「うつ病の家族への対応マニュアル」の概要

うつ病患者さんをサポートする人に向けた、
何か良い教材はないかと探していた所、
良さそうな教材がありましたので、
さっそく入手して中身を検証してみました。

以前、別の記事で無料のダイジェスト版をご紹介した
「うつ病の家族への対応マニュアル」という教材です。

(参考)>>うつ病の家族に役立つ“無料情報”

文字通り、うつ病の家族(や周囲の人)向けに、
「うつ病患者に対してどのように対応すれば良いか」
が具体的に書かれていますので、
患者さんへの接し方で迷うことはなくなります。

また、個別のサポートも充実しており、個々の状況に
合わせて、的確なアドバイスを受けることができます。

(参考)>>ありえないサポート体制

サポートを行っているのは、この教材の著者で
心理カウンセラーの増田泰司先生です。

この方は、セミナー講師としても活動しており、
医師などの専門家に対して「援助的
コミュニケーション」を教えています。

つまり「うつ病の家族への対応マニュアル」では、
プロのカウンセラーや精神科医も実践している
「コミュニケーション技法」を知ることができます。

もちろん教材内では、一般の人にも
わかりやすく丁寧に解説されていました。

また、増田先生は「牧師」という一面もお持ちで、
私も何度かメールのやり取りをさせていただいたのですが、
とても気さくに対応していただき、メールだけでも
接し方が上手いということはよくわかりました。

接し方の教材を出版しているのに、メール対応すら
満足にできないようではお話になりませんからね。

「うつ病の家族への対応マニュアル」をオススメする理由

私がこの教材をオススメしようと思った理由は、
著者の増田先生と共通の理念を感じたからです。

増田先生が教えているコミュニケーションの方法を使い、
本物の信頼に裏付けられた人間関係を築くこと。

そして、うつ病患者さんに、後で振り返って
「うつになって良かった」と言えるような
人生を歩んでいただきたいということです。

私自身、うつ病になったことには何らかの
意味があったのではないか?と感じています。

うつ病で苦しんでいる方には、うつ病を克服する
技術を身につけていただき「うつ病にかかる前よりも
良い人生を送っていただきたい」と以前から考えておりました。

「うつ病の家族への対応マニュアル」を実践すると患者がどう変わるのか?

増田先生が教材内で教えているコミュ二ケーションの方法は、
うつ病患者さんに「無条件の自信」を与えてあげる方法です。

このコミュニケーション法をマスターすると、
患者さんは「自分はここに存在してもいいんだ」と、
素直に自分の存在自体を認めるられるようになります。

そのため、生きていること自体を無理なく
「楽しく、素晴らしいこと」と思えるようになります。

うつ病になる人は、潜在的に自分自身を
受け入れることができていません。

「あなた」という外部の力を利用して、患者さんに
自分の存在を受け入れてもらい、精神のバランスを
取り戻してもらうことがこの教材の目的です。

また、この接し方は単にうつ病患者さんと
その家族という関係にとどまりません。

どんな人にとっても効果のある接し方ですので、
使ってみればわかりますが、あらゆる人間関係が
円滑になって行くはずです。

また、あなたの接し方を見て、患者さんも
人とのコミュニケーションの正しいやり方を自然に吸収でき、
社会に復帰した時には、以前よりもコミュニケーション力が
上がっていることに気づくでしょう。

「うつ病になる前よりも良い人生を手に入れて欲しい」
という、このブログの理念にしっかり合致した教材です。

以上のような理由から「うつ病の家族への対応マニュアル」
を、オススメ教材として紹介することにしました。

●お申し込みはこちらから
>>うつ病の家族への対応マニュアル 公式サイトへ

●管理人やじろべぇの評価・感想はこちら
>>うつ病の家族への対応マニュアル【特典&レビュー】

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ