思春期・受験期のうつ改善プログラムをオススメしない理由

今回は、山田直樹さんという方が販売している
「思春期・受験期のうつ改善プログラム」について
詳細にレビューしていきます。

結論から言いますと、
当ブログではオススメできません。

なぜオススメできないのか、理由を順にご説明していきます。

思春期・受験期のうつ改善プログラム 表紙 ページ数:全114ページ
サポート:30日間無料メールサポート(回数無制限)
返金保証:あり
返金条件:・30日間のメール相談無料期間に、
      2回以上のメールのやり取りが必要。
     ・90日間の実践後、実践前と何ら変化が
      見られなければメールで返金請求できる。

←表紙は真っ白です。
これは、おそらく「うつ改善総合プログラム」と同じように、電車の中などで読んでも中身が分からないようにとの配慮だと思います。そのような前例を私は知っていたので分かりましたが、知らない人が見たら「単なる手抜き?」と勘違いするかもしれません。きちんとページ内で意図を説明しておいた方が良いでしょう。

Sponsored Link

教材概要

「思春期・受験期のうつ病改善プログラム」ということで、
うつ症状の見られる中学生~高校生ぐらいまでの
お子さんを持つ親御さんを対象
にしています。

「脳と心」「身体」「環境」の3つの条件を整えることで、
人間が本来持つ「自然治癒力・免疫力」を向上させ、
思春期、受験期にみられる心の病気を解決させる
ことを目指すマニュアルです。

教材内容について

思春期・受験期のうつ改善プログラム 中面01

教材は1章~6章に分けられています。
以下、詳細内容についてレビューしていきます。
(「はじめに」「おわりに」「6章 ご家族さまへの手紙」は
特にレビューする内容ではないので省略します)

1.「場」を整えましょう

うつを改善する上で、まず大切なのは「場」を整えること、
という観点から、場を整える5つの方法を紹介しています。

ただ、ここに紹介されている方法は、
とくに目新しい方法ではなく、インターネットや
一般書でも簡単に入手できる情報
だと感じました。

2.「朝」を整えましょう

一日を気分良く過ごすために
朝心がけるべきことが4つ書かれています。
これも「生活習慣の改善」として
よく言われているレベルの内容
でした。

3.「身体」を整えましょう

身体を整えることで心の状態も整えていきます。

具体的にはストレッチ4種類、
マッサージ1種類、リズム運動1種類です。

こちらも、あえてどこでとは言いませんが、
見たことのある方法ばかりでした。

また、写真とテキストでの説明だけなので、
やり方がとてもわかりづらいと感じました。

身体を使った動作をわかりやすく伝えるなら、
プチ認知療法」や「2ヶ月間うつ病改善プログラム
のように動画で提供した方が親切と言えるでしょう。

4.「食」を整えましょう

この章には、開いた口がふさがりませんでした。

今まで少し「?」を頭に浮かべながら読み進めてきましたが、
この章で「この教材はオススメできない」と確信に変わりました。

具体的には、著者が「パワーフード」と
考えている野菜8種類についての解説と、
野菜の切り方10種類が書かれていました。

野菜の解説は料理本に載っているような内容ですし、
野菜の切り方は、家庭科の教科書に出てくるような
本当に基本的なものばかり
でした。

思春期・受験期のうつ改善プログラム 中面02

そもそも野菜の切り方など載せられても、
この教材に求めているのは、そんな内容ではないはずです。

大切なお子さんをうつ症状から救いたいために、
貴重なお金を払って購入しているのです。

このような情報に高額の料金を支払って
腹を立てない人がいたら見てみたいと感じる内容でした。

5.「脳」と「心」を整えましょう

有益な情報が得られないまま、
とうとう最終章になってしまいました。

この章には「脳」と「心」を整える方法が、
4つ紹介されています。

最初の3つは自己啓発本などでよく見る内容です。

最後の1つは、著者オリジナルの
「世界にひとつだけの日記」について解説されています。

私の理解力が足りないだけかもしれませんが、
一回読んだだけでは、意味がわかりづらくて
何回も読み返してしまいました。

どんな風に日記を書くのか、わかりやすく見本を出して
説明するのは、「読者への最低限の礼儀」でしょう。

日記のやり方についてはオリジナルだけあって
少し面白い内容だと感じましたが、わかりやすく伝えられて
いないため、せっかくの良い印象も半減してしまいます。

メリット

  • ガマンして最後まで読めば忍耐力が養える
  • 読み終わった後、とても切ない気持ちになれる

デメリット

  • 内容が一般書レベル以下
  • わかりやすさへの配慮不足
  • 根拠があいまいな部分が多い
  • 著者の活動実績が不明

著者の活動実績

著者の活動実績についても調べてみました。

販売ページでは「現在は学校関係をはじめ
各地で講演活動やカウンセリングを行っている」

書かれていますが「セミナーを受講したことがある」
という生の口コミはネット上で一件しか見当たりませんでした。

ブログを運営されているようですが、
2013年の7月8日で更新が止まっています。

すでに、かれこれ1年近く経過しています。

ブログで講演依頼を受け付けていますので、
講演の予定などがあればブログで告知すると思うのですが、
1年近く講演活動されていないということなのでしょうか。

【2014年7月11日追記】
現在確認したところ、上記ブログは既に削除されていました。

カウンセリングに関しても、
カウンセリングルームのホームページなどが
あっても良さそうですが、見当たりません。

著者が実在しているのは間違いなさそうですが、
活動の実績が見当たらないのが残念です。

単なる私の検索能力不足なのかもしれません。

他の教材との比較

うつ病の家族を支える、という意味では
「うつ病の家族への対応マニュアル」とコンセプトは似ています。

しかし、教材内容もサポート体制も比べものになりません。

たとえば、サポート体制だけを比べてみても、
「思春期・受験期のうつ改善プログラム」は1ヶ月無制限なのに対し、
「うつ病の家族への対応マニュアル」では回数無制限で
無料メール相談を無期限に受け続けることができます。

大切なお子さんがうつになった場合には、
教材内容もサポート体制もはるかに優れている
「うつ病の家族への対応マニュアル」をオススメします。

>>「うつ病の家族への対応マニュアル」レビュー

また「思春期の子供の問題行動を解決する」という観点
から見ると「不登校ひきこもり解決DVD」が良いでしょう。
子育てにお悩みの方には特にオススメの教材です。

>>不登校ひきこもり解決DVD【本音レビュー】

「うつ病の家族への対応マニュアル」と
「不登校ひきこもり解決DVD」の比較記事はこちらです。
どのような場合にどちらを選べば良いか詳しく解説しています。

>>【接し方教材対決】増田泰司 vs 伊藤幸弘

総合評価  総合評価 星1.9

思春期・受験期のうつ改善プログラム レーダーチャート教材内容について」を読んでいただければ
どのような教材かは、だいたいご理解いただけたかと思います。

基本的に有益な情報は得られませんので、
高い料金を支払ってまで購入するメリットは
私には感じられませんでした。

  • 内容が一般書レベル以下
  • わかりやすさへの配慮不足
  • 根拠があいまいな部分が多い
  • 著者の活動実績が不明

以上のような理由から、
「思春期・受験期のうつ改善プログラム」は
当ブログではオススメいたしません。

売れている教材なので、期待して購入してみたのですが、
残念ながら期待はずれに終わってしまいました。

「思春期・受験期のうつ改善プログラム」で検索すると、
案の定レビュー記事がたくさん出てきます。

他の方のレビューは、販売ページの焼き直しばかりで、
購入している形跡が見られないにも関わらず、
絶賛しているものばかりですのでご注意ください。

他にもいくつかうつ病関連の教材を
販売しているようですが、この著者の教材を
購入することはもう二度とないでしょう。

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

簡単なエクササイズで楽しく自信がついてくる

プチ認知療法DVD

プチ認知療法

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ