黒子のバスケ「緑間の闘志」と「脳の進化」の関係について

私は結構アニメが好きなのですが、最近は
「黒子のバスケ」をビデオにとって毎週見ています。

「黒子のバスケ」とは、黒子テツヤという
誠凛高校バスケ部に所属する主人公の物語です。

主人公がいた帝光中学バスケ部には「キセキの世代」
と呼ばれるバスケットの天才が5人いました。

彼ら「キセキの世代」から一目置かれる存在だった
「幻の6人目(シックスマン)」がこの黒子くんだったのです。

昨日の放送で、こんなシーンがありました。

Sponsored Link

キセキの世代の一人、ロングシュートの天才・緑間くんが
所属する秀徳高校との試合が始まります。

緑間くんはいつも冷静で、あまり熱くなるタイプでは
ないのですが、以前黒子くんのいる誠凛高校に負けて
いるので、闘志みなぎる表情でピリピリしていました。

それを見た誠凛高校の人が、

「あの緑間がピリピリしている。
 原始時代では勝ち負けは即、死につながるから、
 一度負けを経験した緑間がああなるのも当然だ。」

というような発言をしていたのが気になりました。

(記事にするつもりがなかったので、見終わった後にすぐ
ビデオを消してしまいました。細部は違うと思いますが、
そんな意味の発言だったと記憶しています。)

この「原始時代では負けは即、死につながる」
という部分に反応してしまいました。

実際、うつ病の治療方法を色々と調べていると、
人間に備わっている性質などを利用したものが
出てくることがあります。

たとえば、この間記事にした
「人類は進化の過程でうつ病の種を抱えてきた」
という内容もそうです。

詳しくはこちら
>>うつ病~防衛本能がもたらす宿命~

「恐怖」は死につながる感覚だから、
それを強烈に脳に憶えこまさなければいけません。

ライオンに襲われた時の恐怖を忘れてしまったら、
またノコノコとライオンの縄張りに
入って行って、最悪死んでしまうわけです。

そうならないように、脳にはとりわけ
「恐怖の記憶」は深く刻まれるのです。

しかし、これが行き過ぎてしまうと
日常生活に支障が出てきてしまいます。

現代社会では、恐怖の記憶がそのまま
死に直結するわけではありません。

たとえば、人前でなにか発表する時に
原稿を持って行くのを忘れてしまい、
頭が真っ白になってパニックになったとします。

すると、その時の記憶は「恐怖の記憶」として
深く心に焼きついて忘れられなくなります。

でも、この「恐怖の記憶」は
死に直結したものではないですよね。

現代の文明社会においては、原始時代に形成された
脳の仕組みは、必ずしも適切に作用しているとは
限らないのです。

魚が誕生し「脳」という機能が
出来上がったのが約5億2000万年前。

最古の文明社会と言われているメソポタミア文明が
つくられたのが約5500年前。

現在の脳の仕組みは5億2000万年もの長い歳月をかけて
作られた強固なものであるのに対して、文明社会が
できてからは、まだわずか5500年にすぎないのです。

仮に脳が文明社会に適合するような仕組みに
進化するにしても、わずか数千年ではまだまだ
時間が足りなさすぎるのです。

そんなわけで、どうあがいても抗(あらが)えない
人間の本能や脳の仕組みなどがあるのです。

その性質をうまくうつ病の治療に利用しようとしているものを
当ブログでは厳選してオススメしているというわけです。

人間が抗えない脳やカラダの仕組みを
利用した治療法は以下の4つです。

うつ病になりにくいカラダを作りあげるには
>>荒木式うつ病改善プログラム
>>2ヶ月間うつ病改善プログラム

うつ病になりにくい考え方を身につけるには
>>プチ認知療法
>>自己メンタルセラピー講座

まずはカラダからうつ病を撃退し、
次に考え方を変えて行くことで
うつ病の再発予防をすると良いでしょう。

>>うつ病教材の効果的な選び方

根本的にうつ病を治したいなら、
「体から治す」という考え方は重要です。

>>うつ病 薬を使わない治療法~「体から治す」という考え方

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ