うつ病克服体験記(10)~「傷病手当金を受給する方法」レビュー・感想~

傷病手当金を受給する方法

前回の話はコチラ
>>うつ病克服体験記(9)~二度目の正直~

前回の記事では、社会保険労務士の三嶋道明先生が書いた
傷病手当金を受給する方法」を購入したと書きました。

結論から言うと、内容はしっかりしたもので、
一般人では知りえないような情報も
多く掲載されており、金額に見合う内容でした。

あえて、良くない点を挙げるとすれば、
著者が法律を扱っている方だからなのか
文章中に「法律上で使われるような記載」が比較的多く見受けられ、
「ちょっと読みづらい」というのが妻の感想でした。

Sponsored Link

私も病状が回復してから読んでみましたが、
確かに少し読みづらいところもありますが、
私にとっては許容範囲内でした。

何より、実際にどのような手続きをすればよいのか、
期限はいつまでか、など具体的に順を追って
説明されているので大変わかりやすかったです。

実際に、私の妻は「傷病手当金を受給する方法」に基づいて
私の代わりに手続きを進めてくれた結果、
無事「傷病手当金」を受給することができました。

制度を知ったのは、休職した後3ヶ月経過してからでしたが、
その分もさかのぼって傷病手当金を受給することができました。

私の受給金額は一日あたり8,000円でしたので、
一ヶ月が30日の場合は24万円受給できました。

この「傷病手当金を受給する方法」のおかげで、
生活費の心配をせずに療養することができ、
今ではうつ病も完治し、自宅で仕事をさせてもらっています。

実際に私が傷病手当金を受給していたのは
9ヶ月ほどですが、お金の心配があるとないとでは
症状の改善にも大きく影響してくると感じました。

うつ病の改善には、休養がとても重要です。

まずはストレスの原因から離れて、ゆっくり休職し、
生活費の心配をせずに治療に専念してください。

そのためには、経験豊富な社会保険労務士の書いた
こちらの教材が、あなたの充実した人生を取り戻すための
お役に立てると強く実感しています。

「傷病手当金を受給する方法」お申し込みはコチラ

【追記】
このたび「傷病手当金を受給する方法」のレビュー記事を、
さらに詳しい追加情報を交えつつ、新しくまとめ直しました。

●実際に合計いくら受給できたの?
●教材のメリット・デメリットは?
●教材にはどんなことが書いてあるの?
●本当に価格に見合った価値はあるの?

など、私なりに徹底的に分析・検証し、率直な感想を書いています。
さらに詳しい情報を知りたい方は、ぜひご覧ください。

「傷病手当金を受給する方法」さらに詳しいレビューはこちら

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ