精神科医 宮島賢也のメール相談特典について

当ブログでオススメしている自己メンタルセラピー講座
今年の6月に購入してみて、はや3ヶ月が経過しました。

この教材には、販売者さんからの購入者特典として、
「メールメンタルセラピーQ&A」が
毎月PDF形式で送られてきます。

この特典は、読者からの相談メールと
それに対する精神科医・宮島賢也先生の回答が
掲載されているというものです。

先月の8月号は、8月14日に配信されてきました。

もしご自分で質問や相談をしたい場合には、
例えば9月号に宮島先生の回答と併せて掲載して
欲しいならば、26日までに相談メールを送れば良いそうです。

Sponsored Link

26日を過ぎると、また9月下旬の締切日までにメールを送れば、
10月号に掲載される、というようになっています。

締切日や配信日は、毎月微妙に違いますが、
その月の配信メールに書いてあります。

さて、今回のブログ記事では、メールメンタルセラピー
8月号の「Q&A」にどのような相談内容が
掲載されているのか、ご参考までにお伝えしておきます。

8月号のメール相談内容と宮島賢也先生の回答

8月号のメールメンタルセラピーQ&Aは、全27ページ。
初めに、感謝の声とそれに対する宮島先生の感想が1つずつ。

そのほかに、質問・相談は全部で4つ。
こちらも相談に対する宮島先生の回答が
それぞれ1つずつ掲載されています。

以下、具体的な相談内容を見てみましょう。

相談(1)うつ病を認めたくない

自分はうつ病かもしれないけど、
うつ病というレッテルを貼られて薬漬けにはなりたくない。

しかし、自分がうつ病だと受け入れない限り、
治ることはないのでしょうか?
というお悩みを持つ方からの相談です。

・いつも現実がクリアではなく、膜が張ったような感じ
・宗教とかヒーリングを試しても冷めている自分がいる
・自分は何を信じたら良いのかわからない(自分のことも信じられない)
トラウマにも本気で向き合えない

以上のようなお悩みをお持ちでした。

宮島先生からの回答では、自分を受け入れ、
信じるために必要なことが書かれています。

相談(2)仕事を辞めたいけど辞められない

女性保育士(55歳・うつ病歴6年)さんからの相談です。

現在はうつ病で3回目の休職中とのことです。

自分の仕事に自信が持てず、仕事を辞めたいが、
娘さんの大学受験やローンの返済もあるため、
経済的な問題から仕事は辞められず、
どうして良いかわからずに休職

復帰後、異動があり、昇格をしたが、
昇格に伴う不安のため、現在休職中で
期間は1年4ヶ月になります。

旦那さんにも理解してもらえないと感じる。
眠っていてもリラックスできず
散歩中でも余裕がない。

自分で考えていると辛くなるばかりなので、
どうしたらよいかという相談でした。

宮島先生の回答では、お悩みに対して
具体的にどう考えれば良いかが詳しく書かれていました。

お金の問題、夫や職場の問題、自分自身を縛り付けている
考え方の問題、うつ病の本質など、多面的に
アドバイスをされています。

相談(3)家にいるのがつらい

30年間勤めていた会社を早期退職でもないのに、
メンタル面の問題から辞めてしまった人からの相談です。

退職後は2年ほどゆっくりするつもりでしたが、
家にいるのがつらいことと、経済的な理由から、
1年ほどで再就職をします。

ところが、再就職をして1ヶ月ほど経った頃、
仕事先で右手の指を2本骨折してしまいます。

2~3ヶ月間の自宅療養となりましたが、
家ではますます暇を持て余し、良からぬことばかり
考えてしまうそうです。

こんな時にはどうすれば良いでしょうか、という相談です。

宮島先生からの回答では、現在の一番の問題点を
的確に指摘され、どのような考え方をゆるめていけば
楽になるのかが書かれていました。

現在の過ごし方や、将来に対してどう考えたらよいのか、
その方向性も示してくれています。

相談(4)統合失調症診断を受けました

うつ病だと思っていたのに、統合失調症という診断を受け、
ショックで受け入れられないという40代の方からの相談です。

・やる気が起きず寝てばかりいる
・緊張がほぐれない
・人と接するのが怖い
・毎日不安でたまらない
・自分に自信がない

などの症状が見られ、日常生活がまともに送れていません。

薬は毎日服用していますが、改善は見られず悪くなる一方。
社交的だった頃の自分に戻りたい、
自信を取り戻したい、というお悩みをお持ちの方です。

宮島先生からの回答では、自信がないことや
日常生活をまともに送れないことに対して
どう考えれば良いのか、また、やらなければいけないのに
何もできない理由や根本的な解決策が書かれています。

さらに、自分を苦しめている「思い込み」などの問題点を
解決できるよう、宮島先生が相談者の考えを整理し、
正しい方向へと導いてくれています。

メールメンタルセラピーQ&Aの使い方

様々な相談を読んでみて感じたことは、
社会や親からの刷り込み、あるいは世間で言う
「常識」にとらわれてしまっていて、
自分で自分を苦しめてしる方が多いということでした。

そういった自分を苦しめている考え方を
ゆるめるお手伝いをしてくれるのが、
宮島賢也先生の「自己メンタルセラピー講座」です。

うつの症状は「今までの考え方が
自分を苦しめているんだよ」と教えてくれています。

うつ症状が現れたということは、
その考え方を変えるチャンスなのかもしれません。

自分は本当は何をしたいのか、
どうすればうつの症状が必要なくなるのかは、
すでに自分の体が一番良く知っています。

しかし、実際には頭で色々考えてしまい、
自分で問題をより複雑にしてしまっています。

その体の声に素直に耳を傾けて、自分なりの
改善策を導き出すのが、この教材の目的です。

メールメンタルセラピーQ&Aでの宮島先生の回答は、
全て本編のテキストに書かれている内容に
沿っていますので、誰でも問題を解決できます。

しかし、実際に楽になる考え方を導く手順を
理解するには、少し練習が必要なのも事実です。

他の人の事例に対する宮島先生の回答を参考にすると、
どう教材内容を使えば良いのかがよくわかります。

Q&Aの相談内容を見て、宮島先生の回答を見る前に、
自分だったらどんな回答をするか考えてみてください。

それがとても良い練習になり、3ヶ月ほど続ければ
うつになりにくい考え方、自分を楽にする考え方を
いつでも自在に導き出せるようになります。

もちろん、ご自分で質問することもオススメです。

自分の質問がQ&Aに掲載されれば、単純に嬉しいでしょうし、
人とのつながりを再確認するきっかけにもなります。
それに、あなたの質問が誰かの助けになるかもしれません。
(人の役に立っていると感じることは、うつ病改善に良い影響を与えます)

現在の状態に行き詰まってしまい、
苦しい思いをしている方、
考え方をゆるめて楽に生きてみたい方は、
一度自己メンタルセラピー講座を
ご覧になってみることをオススメします。

自己メンタルセラピー講座について
詳しいレビューは下記をご覧ください。

●当ブログ限定特典も付いています。
>>宮島賢也の自己メンタルセラピー講座【本音レビュー】

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ