ストレスが「突然死」や「癌」の原因に?!

ストレスによる突然死

過剰なストレス反応により、血管破裂や心不全の危険性があることを、前回の記事でお伝えしました。

(前回の記事)
>>ストレスが身体に及ぼす影響

今回は、ストレスが「癌」や「突然死」に及ぼす影響について見ていきます。

ストレスと癌の因果関係

日本人の死亡原因第一位の「癌」。

Sponsored Link

ストレスがかかった時、癌が急速に進行するメカニズムが初めてわかりました。

アメリカにあるオハイオ州立大学のハイ教授は、免疫に関わる遺伝子「ATF3遺伝子」に注目しました。

私たちの体内では、癌細胞が発生すると、免疫細胞が働いて癌細胞を攻撃し、増殖を食い止めます。

通常、ATF3遺伝子は免疫細胞の中で、スイッチをOFFにした状態で眠っています。

ところが、体内でストレスホルモンが増え、免疫細胞を刺激することで、ATF3遺伝子のスイッチがONになると、免疫細胞は癌細胞への攻撃を止めてしまいます。

ストレスホルモンが減少すれば、ATF3遺伝子のスイッチはOFFになり、再び癌細胞を攻撃するようになります。

しかし、体内にストレスホルモンが多い状態が続くと、スイッチはONのままとなり、免疫細胞は働かなくなります。

そうなると、癌細胞の増殖に歯止めがかからなくなり、生存率が低下してしまうのです。

実際に、乳がん患者の生存率とATF3遺伝子の関係について、調査が行なわれました。

それによると、ストレスホルモンの作用によりATF3遺伝子がOFFの状態(癌細胞を攻撃)では、1年後の生存率は85%、ATF3遺伝子がONの状態(癌細胞への攻撃を止める)では45%にまで低下しました。

この調査結果により、ストレスが遺伝子を変化させて、癌細胞を増殖させてしまうことがわかります。

ストレスと突然死の因果関係

ニューヨーク州立大学ビンガムトン校のデイビス教授が、以前動脈硬化を起こしたことのある人たちを詳しく調べたところ、血管の壁に本来いるはずのない細菌を発見しました。

これらの細菌は、本来口の中などにいるごくありふれた細菌で、歯茎の出血などにより、血管の中に入り込んだものと思われます。

ここにストレスが加わると、ストレスホルモンが血液中の鉄分を切り離し、その鉄分が血管の壁にいる細菌のエサになります。

細菌は鉄分を栄養源にして、大増殖をし始めます。

すると、増殖した細菌が血管の壁を溶かしてしまい、そこから大出血が起こります。

大動脈などの重要な血管で、この現象が起これば、わずか数十分で「突然死」につながってしまいます。

他にも、心臓発作や脳卒中などの「突然死」を引き起こす可能性も高くなります。

何となく「ストレスは悪いもの」と思っている人は多いでしょうが、実際にストレスホルモンの過剰分泌によって、癌や突然死が引き起こされていることはご存知なかったのではないでしょうか。

ストレスは恐怖や不安を感じた時ばかりでなく、ささいな環境の変化にも影響を受けます。

次回は「ストレスと環境の変化」についてお伝えしていきます。

(次の記事)
>>ストレスと環境の変化の関係~ライフイベントストレスチェック表

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

簡単なエクササイズで楽しく自信がついてくる

プチ認知療法DVD

プチ認知療法

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ