宮島賢也先生との初対面~メンタルセラピスト養成講座体験説明会

先日、「自己メンタルセラピー講座」の著者で、薬を使わない精神科医として活動されている宮島賢也先生にお会いしてきました。

当ブログでも推奨している教材「自己メンタルセラピー講座」の特典には、宮島賢也先生が講師を務める「メンタルセラピスト養成講座」の体験説明会に無料で参加できる権利が付いています。

自己メンタルセラピー講座 特典7 メンタルセラピスト養成講座

↑公式サイトより引用
(通常5000円と書いてありますが、現在は3000円で参加できるようです)

今回は、その特典を利用して体験説明会に無料で参加してきましたので、レビューを書いておきます。

Sponsored Link

「メンタルセラピスト養成講座」体験説明会について

「メンタルセラピスト養成講座」は、株式会社ジェイ・コミュニケーション・アカデミー(以下JCA)が主催しています。

JCAとは、メンタルセラピストを始め、各種セラピストの養成や仕事の受託、企業研修などを行なっている会社です。

私が参加した体験説明会は、京王線初台駅から徒歩1分のオペラシティ2階にあるJCA本部の教室で行われました。

オペラシティは初台駅から直結しているので、場所はすぐにわかりました。
(JCAは丸亀製麺の隣にあります。)

私の場合、当日、あまりギリギリに到着すると、場に慣れるまでに時間がかかるので、ちょっと早めに到着するように家を出ました。

11時から開催予定で、私は10時40分ごろ到着しましたが、まだ参加者は一人も来ていませんでした。

教室には4人がけのテーブルが2つ用意されていました。

その一つに腰掛け、テーブルの上に置いてあった宮島先生の著書や、受付でもらったパンフレットを眺めていると、一人、また一人と参加者が入ってきました。

メンタルセラピスト養成講座 体験説明会パンフレット

↑受付でもらったパンフレット一式

参加者は、女性が4人、男性が3人の合計7人でした。

体験説明会は3回開かれましたので、合計で大体20~30人ほどが集まったのではないかと思われます。

宮島賢也先生の印象

11時になると、JCA代表の地面治順子(じめんぢじゅんこ)さんから紹介を受け、いよいよ宮島賢也先生の登場です。

宮島先生が話しているところは、動画などで少し見たことがありましたが、やはり実際に生で見てみないと、どんな雰囲気の方なのかということまではわかりません。

実際の宮島先生は、話し方も雰囲気も、とても柔和な印象を受けました。

体験説明会は11時~12時30分までで、前半約1時間ぐらいは宮島先生のお話、後半30分ぐらいは地面治さんによる講座内容や申し込み方法などの事務的なお話でした。

宮島先生のお話は、自己紹介から始まり、

・メンタルセラピストとは何か
・実際の精神医療現場の問題点
・薬物療法について
・セラピストはどんな基準をもとに、どんな施術をするのか

などについての説明でした。

メンタルセラピスト養成講座の参加者について

その他、テーブルごとに参加者がそれぞれ自己紹介をしたり、宮島先生の話を聞いて感じたことを話し合ったりなどのグループディスカッションなどもあり、とても良い刺激を受けることができました。

JCA代表の地面治さんの説明によりますと、だいたい養成講座参加者の1/3は自分自身が通院しているうつ病の人、1/3はうつ病患者を介護している家族の人、残りの1/3はメンタルセラピーをビジネスとして行なっていきたい人だそうです。

私と同じテーブルについていたお二人は、看護士の方であったり、治療院を経営していたりと、ビジネスとして考えている人たちでした。

お二人に共通していたのは、「薬を飲むだけでは根本的な回復にはならない」という思いを強く持っているということと、過去にパニック障害やうつ病の症状に悩まされた経験をされているということでした。

(関連記事)
>>うつ病の薬は飲みたくない!~10年以上治らないあなたへ
>>抗うつ剤は効かないのか?
>>うつ病 薬を使わない治療法~「体から治す」という考え方

過去にはそれぞれ辛い思いをされてきたようでしたが、やはりこういった講座を受講して、他人のために役立てようと考えているだけあって、とても素直な明るい雰囲気を持っているという印象を受けました。

ちなみに、私は「自己メンタルセラピー講座」の特典のクオリティがどのようなものかを調べるためだけに体験説明会に参加したので、主催者の方には申し訳ないのですが、初めから養成講座を申し込むつもりはありませんでした。

しかし、体験説明会に参加されていた私以外の人たちは、ほとんどの方が申込書をその場で提出していました。

体験説明会に参加してみた感想&メリット

自分がうつ病を克服した後に、今度はメンタルセラピストとして他人を癒すという道を示してもらえるのは、「自己メンタルセラピー講座」の購入者にとって、ある意味ありがたいと言えるかもしれません。

また、他の人たちと交流することや、宮島先生のお話を直接聞くことで、テキストからは読み取れなかった部分が見えてくることもあると思いますので、「自己メンタルセラピー講座」購入者の方は、特典を有効活用されることをオススメします。

職業としてメンタルセラピストにならなくても、メンタルセラピーを使えば、ちょっとした会話などを通して相手を癒してあげることができるようになります。

そういった方法を伝えていけることは素晴らしいことだと思いますし、自分の進む道に迷っている人には特に、1つの選択肢としてメンタルセラピストという道は有効ではないかな、と感じました。

「メンタルセラピスト養成講座」まで参加するかどうかは別としても、良い刺激を受けますし、せっかく特典として付いていますので、体験説明会を有効活用しない手はないと感じました。

すでに「自己メンタルセラピー」を購入していて、まだ特典を使っていない人は是非参加してみることをオススメします。(次回の体験説明会は2016年の1月と3月に開催予定です)

>>役立つ特典豊富な「自己メンタルセラピー講座」レビュー記事はこちら

Sponsored Link

私の体験談が何かの役に立つかもしれません。
良かったらご覧ください。

>>管理人やじろべぇのうつ病克服体験談


>>【注意!】買ってはいけないうつ病教材一覧

>>【必見!】やじろべぇオススメうつ病教材ランキング

>>【私に合った教材はどれ?】うつ病教材の効果的な選び方

>>【当ブログ限定!】購入者特典プレゼントのご案内


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
 

プロフィール

プロフィール画像"

うつ病教材アドバイザー

【やじろべぇ】

根本的にうつ病を克服する治療法をご紹介。うつ病で働けない場合の収入問題なども解決します。

詳しいプロフィール

うつ病教材比較&選び方

治療費を安くする方法

医療費の負担が3分の1になる「自立支援医療」についてお話します。
⇒詳しくはこちら

うつ病治療の真実

うつ病は食事で治す

うつ病でお金がない…

うつ病セルフチェック

精神障害者手帳について

障害者手帳の申請方法、メリット・デメリット等についてお話します。
⇒詳しくはこちら

入院費を安くする方法

入院で自己負担が高額になってしまった場合の対処法をお話します。
⇒詳しくはこちら

最近のコメント

ブログランキング

当ブログはランキングに参加しています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

応援クリックよろしくお願いします。

重症うつの入院治療で使われている食事療法

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式 うつ病改善
プログラム

体験レビューはこちら

薬を使わない精神科医が構築したうつ克服法

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

教材の中身を確認

うつ病・自律神経失調症を1万人以上改善

2ヶ月間うつ病改善プログラム

2ヶ月間 うつ病改善
プログラム

教材の中身を確認

家族が共倒れにならないための正しい接し方

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への
対応マニュアル

教材の中身を確認

お問い合わせ

ポスト画像"

教材に関するご質問・ご相談はこちらから。原則48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちら

サイト内検索

カテゴリ一覧

スポンサードリンク

ページの先頭へ